ドラマ「黒革の手帖」最終回が放送されました。

前回の第7話では長谷川会長の罠に八方ふさがりでボロボロにまで追い詰められた元子。

しかし、諦めない元子の姿をみた安島から、ある封筒を受け取り、手帖に変わる武器を手にいれた元子でした。

↓第7話のおさらいはコチラ
⇒黒革の手帖7話 長谷川会長の恐ろしい魔の手!ボロボロの元子に逆転は?

最終回となる今回は元子の逆襲が始まりますよ!

しばらく元子がやられっぱなしだったので、最後に最強悪女の元子が見れて気分もスッキリすることと思います。

元子はどのような逆転の一手を打ったのでしょう。

「黒革の手帖」の最終回について、感想や評判をまとめましたので、ご覧ください。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

スポンサーリンク

最終回のあらすじ

安島富夫(江口洋介)から渡された封筒を手に、もう一度長谷川庄治(伊東四朗)に会う約束を取り付けた原口元子(武井咲)。

何度どん底に突き落とされても諦めず『カルネ』の権利を返すよう迫る元子に、長谷川は「ゆとり世代は何を考えているのかわからんと聞いていたが、君の度胸には感服だ」と、ついに要求を受け入れる。

観念した長谷川が覚書にサインをしたそのとき、思いがけない事態が起こり…!?

混乱の中、とうとう『カルネ』を取り戻した元子は、その足で銀座へ。ママとして店に居座っていた山田波子(仲里依紗)に「さっさと出ていきなさい」と言い渡す。直前に支配人の村井亨(滝藤賢一)と衝突していた波子は元子に再び敵対心を露わにする。

一方その頃、楢林謙治(奥田瑛二)と中岡市子(高畑淳子)のもとに国税局査察部が。脱税の疑いで『楢林クリニック』に強制捜査が入ったことで、市子はその事実に取り乱す!

さらに元子は橋田常雄(高嶋政伸)や岩村叡子(真矢ミキ)にも連絡をとり、ママとして再出発することを報告。すると橋田から衝撃的な事実を明かされる!

こうして銀座に舞い戻った元子。これまで通りの日々が続いていくかのように見えたある日…?


ついに長谷川会長との駆け引きに勝った元子がクラブ「ルダン」を手に入れます。

がしかし、すんなりと簡単に事が運ぶことがないのが「黒革の手帖」。

まだまだ元子に問題が襲い掛かってきます。


ネットの評判

最終回が放送されてネットでもいろいろな声があがっていました。



最終回に視聴者の皆さんから惜しまれる声がたくさん上がっていました。

中には続編も期待する声があったりと。

最後も気になるシーンだったので、私も続編があれば観てみたいですね。


スポンサーリンク

「黒革の手帖」最終回の見どころポイントは?




ここからは最終回の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「トラブル処理の安島」
  • 見どころポイント②「最後までキモかった橋田理事長」
  • 見どころポイント③「悪女の最後…」

①「トラブル処理の安島」



長谷川会長との駆け引きに勝ち、「カルネ」と「ルダン」を手に入れることができた元子。

長谷川会長に覚書を記入してもらおうとしたその時、長谷川会長は持病の発作で亡くなってしまいます。

あわてる元子は救急を呼ばず、安島に連絡します。

トラブル処理専門の安島の登場です。

「後のことはすべて俺に任せて」と安島の指示でその場を離れる元子。

警察の意見調書で安島は長谷川会長と二人でいた時に倒れたとウソの証言をすることに。

そして安島は元子に電話を入れます。

後日、元子のもとに警察官が訪ねてきて、長谷川会長の件で任意同行させられます。

警察署では防犯カメラに元子がいたことが証明されて、これはどういうことだと警察から詰められます。

そこで元子が答えた内容というのが、驚きの証言。

元子と長谷川会長は付き合っていて、そのことは誰にも伝えてはおらず、唯一、安島だけが知っていると証言します。

そして、ご家族や周りの人に迷惑がかからないように、安島に相談したと警察官に伝えます。

同じ日に安島も同行されていて、元子と同じ証言だったことから、二人は解放されることになるのですが、安島の手回しはすごいですね~

あんな短時間のうちに、パパッとトラブル処理のプランを考えたのですから。キレッキレの江口さんカッコいいです!

伊達に問題処理の修羅場をくぐっていないですね。安島の知略がみれるシーンでした。

②「最後までキモかった橋田理事長」

「ルダン」を長谷川会長から譲り受けることになった元子ですが、贈与税が2億円くらいかかってしまうということで、その資金調達のカモにまたも橋田理事長をターゲットにします。

元子もしつこいですね~。しぼり取れるところからは徹底的にしぼり取るなんて、やっぱり悪女ですね。

橋田を恐喝する元子でしたが、長谷川会長が亡くなった時に元子がいたという証拠を持っていた橋田は、逆に元子を脅しかえします。

そしてまたも、あの奇抜でキモい橋田理事長が炸裂します。

その姿にネットでも騒然となっていました。



闘牛のように元子に突進する橋田理事長。

結局、元子に足げにされるのでしたが、今回の「黒革の手帖」で一番話題になったのは高島政伸さんのこの演技だったのではないでしょうか。

助演男優賞は高島政伸さんに決定~!


③「悪女の最後…」

元子が復活する中で、元子を追い詰めようとしていた人たちにも変化がおとずれます。

楢林委員長と京子は国税局から脱税の疑いで資産を差し押さえられてしまいます。

村井は長谷川会長が亡くなったことで、元子を追い詰める一連の流れから手を引きます。

波子は「カルネ」の所有権を取り戻した元子によって、「カルネ」を追い出されてしまいます。

晴れてすべての障害を取り除き、これで銀座の頂点に昇り詰めることができると思っていた元子でしたが、波子は黙っていませんでした。

すべてを失った楢林と京子のもとに波子が現れたのです。

波子に入れ知恵をされた京子は元子のもとを訪ねます。

楢林と寄りを戻せたことを報告しにきた京子でしたが、元子が目を離したすきに、手帖と長谷川会長の贈収賄容疑に関わる領収書を盗んだのです。

その足で京子は警察署へ駆けることに。

その結果、結婚式の入場を控えていた安島はその場で東京地検に拘束。

そして元子も「ルダン」オープンのその日に地検の人に囲まれ、ニッと頬を緩ませ笑うのでした。

この最後の元子の笑みがどういう意味があるのかと、ネット上でいろいろな考察が飛び交っていました。



手帖の保管が不用心すぎるとは思っていましたが、すべてを投げ出して安島と一緒になるための計画っていう発想まで膨らむとは、想像力ってすごいですね~

はっきりとしない最後だったので、視聴者もいろいろな感想をめぐらることになりました。

まとめ


以上で「黒革の手帖」は最終回をむかえることになりましたが、前評判とは打って変わっての好調でしたね。

それまでの武井咲さんのミスキャストの話しや、前作の米倉涼子を越えられない、はたまた女優生命が終わるだとかいろいろな憶測が飛び交っていました。

参考:黒革の手帖 武井咲の演技力にミスキャストの声?世間の声を調べてみた

しかし、蓋を開けてみれば高視聴率キープ、武井咲の演技がスゴイと話題がもちきりになっていました。結果、観てみないとわからないってことですね。

「黒革の手帖」の好調を支えたのも、制作スタッフや脇のキャストの演技力だったのも間違いがないことでしょう。

現在の時事問題をストーリーに取り入れたり、仲里依紗さんの豹変ぶりや、高島政伸さんの気持ち悪い演技は、毎回の放送後に私たちの記憶に残っていましたよね。

米倉涼子さんが主演の時はスペシャルでその後の話が描かれていましたが、今作ではその後は描かれるのでしょうか。

気になるところではありますが、まずは今回の「黒革の手帖」を楽しめたことにキャストやスタッフの人に御礼ですね。

また読者のみなさんには最後までこちらのブログの「黒革の手帖」編を読んでくださりありがとうございました。

← 黒革の手帖 7話のあらすじ

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!