「僕たちがやりました」第9話が放送されましたね。

前回の放送では、市橋の死という衝撃的なラストで終わりました。
市橋の死を悼む声が多く見られました。

また、パイセンは父親である輪島と対面したり、今宵が伊佐美の子供を身ごもっていることが発覚したりと、内容の濃い回でしたね。

↓第8話のおさらいはコチラ
⇒「僕たちがやりました」第8話 ショック!市橋が抱えていた心の闇

そんな第8話の視聴率は5.2%という結果。
5%台はキープしているものの過去最低タイとなってしまいました。

今週放送の第9話では、急展開が待っています!
再び凡下高で集結した4人が次に企む計画は…?

そしてドラマ主題歌を歌うDISH//が登場!

次週の最終回に向けて、盛り上がりをみせています!

スポンサーリンク

「僕たちがやりました」第9話のあらすじ



市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。

市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。

同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。

一方、飯室の言葉が頭から離れないトビオは、本当の“自由”を手に入れるための道は自首しかないと考え、決意を固める。

翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも時を同じくして、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた。しかし警察に出頭しても、また輪島にもみ消されてしまうと考えた4人は、パイセンの全財産を注ぎ込み“世の中がひっくり返る最高の自首”をしようと計画。

それぞれの逃亡生活を送ってきた4人が、再び心を一つにする。そこでトビオが思いついた作戦とは…。

決行の日を前に、蓮子をデートに誘うトビオ。すべてを打ち明けようとするも言い出せず、言葉少ないトビオに蓮子は胸騒ぎを覚えるが…。


ネットの声




今週も見どころ満載で笑いから感動から涙まで。
トビオと蓮子のやりとり切なかったですね。



DISH//メンバー登場に歓喜の声が沢山!
思わぬところで凡下高メンバーとコラボをするなど主題歌との関連性の高いドラマでしたね。

スポンサーリンク

「僕たちがやりました」第9話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「凡下高で再び集まった4人の目的」
  • 見どころポイント② 「それぞれの最後の夜」
  • 見どころポイント③ 「最高の自首」

① 「凡下高で再び集まった4人の目的」



再び凡下高の部室に集まった4人。皆の考えていることはただ一つ「自首」すること。

4人がなぜ自首しようという考えに至ったのか。

【マルの場合】
一番好きだったのは4人で過ごしていた時間だったから。

【伊佐美の場合】
子供ができたから罪を償いたい。

【パイセンの場合】
父親に復讐するため。

【トビオの場合】
市橋のことが胸につかえているのは隠して、皆の前では、自由に生きる為の道だと話した。

では、どのように自首をするのか。
普通に警察に自首したところで、再び輪島に揉み消されるだけです。

自首するのは警察相手ではなく、世の中に。

そう言って、4人の最高の自首に向けた準備が始まります。

② 「それぞれの最後の夜」



いよいよ自首決行の前日。

4人はそれぞれの過ごし方で最後の夜を迎えました。

パイセンとマルは一緒に風俗へ向かったのち、解散。
パイセンは菜摘に別れを。マルも入れ込んでいたキャバ嬢のうららに別れを告げます。

伊佐美は今宵の元へ向かい、子どもに触らせて欲しいと、今宵のお腹に触れます。
そして子どもの名前を考えたと言って「明日男 トウモロオ」という名前を提案します。

トビオは蓮子に「別れよう。一生逢いたくない」と言って別れを告げます。

4人それぞれが最後のケジメをつけたようですね。

見どころポイント③ 「最高の自首」



さて、4人が考えた「最高の自首」とは。

それは自首する様子を生配信するというもの。

まず配信先のURLを印刷したビラ(1万円付き)を渋谷の街に豪快にバラ撒きます。

次に本人たちも渋谷の街を爆走しながら、ビラ配り。

みるみるうちに話題となり、生配信の視聴率も上がっていきました。

そして辿り着いたのは、日比谷野外音楽堂。

ステージにはDISH//のメンバーがライブ中。そこへ4人が乱入し、マイクを譲って貰います。

4人は高らかに宣言「僕たちがやりました!!!」

この一連のシーンは、手に汗握る大興奮のシーンでしたね。

タイトルにもなっている「僕たちがやりました」と宣言するシーンは、思わず胸が熱くなりました。

高揚感に包まれる4人でしたが、次の瞬間に事態が急変します。

それは、動物の被り物をした男たちが凶器を持って乱入してきたからです。

4人は一体どうなってしまうのでしょうか!?

最高の自首は成功となるのでしょうか!?

まとめ



今週は見どころ満載で、感動的な回でしたね。

再び集結した4人が企んでいたのは「最高の自首」を成功させること。
自首するその日まで準備に勤しむ姿は、最後の青春のようにも映りましたね。

そしていよいよ自首決行当日。
街中を駆けずり回る姿やステージ上で声高らかに宣言する姿が格好良く思えて、胸が熱くなりました。

一方で、自首するにあたり、それぞれ大切だった人と別れを覚悟しました。
トビオと蓮子との別れのシーン切なかったですね。

そんな4人の想いが込められた「最高の自首」は、成功することができたのでしょうか?
そして、4人のその後とは?

いよいよ次週、最終回!絶対に見逃せませんね!

← 僕たちがやりました 第8話の内容へ


↓「僕たちがやりました」を見逃した人はこの方法で視聴しよう!
見逃したドラマを無料で見る方法

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!