「あいの結婚相談所」第5話が放送されましたね。

前回の放送では謎の美女・中村アンさんの正体が明らかになりましたね!

↓第4話のおさらいはこちら
⇒「あいの結婚相談所」4話 謎の美人キャストは中村アン!

今回の放送では、ゲストキャストに石黒英雄さん、中村静香さんの二名を迎え、反響の高い回になりました。

また、「縁切り屋」の金城麗美こと中村アンさんとオーナーとの関係も何やら秘密がありそうです!

今週の放送も、歌って踊ってミュージカル要素満載ですが、最後に衝撃の結末が待っていました!

人間の心には裏表があるんですね~真実を知ることが幸せなのか、または知らない方が幸せなのか。考えさせられる回でした。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、知りたくない方は注意してくださいね)


「あいの結婚相談所」第5話のあらすじ



イケメン僧侶の磯山(石黒英雄)が相談にやってきた。磯山は僧侶とは言うものの、寺に属しておらず、仕事があるときだけ葬儀などに派遣される“マンション僧侶”。そんな磯山が藍野(山崎育三郎)に示した条件は…!?

藍野がお見合い相手に選んだのは、別の婚活サイトに登録中の亜美(中村静香)。しかし、亜美は次から次へと“恋愛弱者”の男性たちを手玉にとり金品を巻き上げる“婚活荒らし”だった。亜美にかかれば、磯山も “新たな獲物”。心の中で「(僧侶なら)稼いでいるはず」とほくそ笑む。

亜美に不審を抱いたシスター・エリザベス(高梨臨)は、真壁(中尾暢樹)、麻理子(山賀琴子)と亜美を調査。2日で5人もの男性から誕生日などと偽ってプレゼントを受けとるなど、“婚活荒らし”亜美の素顔を藍野に暴露する。

しかし藍野は平然そのもの。そこへ“縁切り屋”の麗美(中村アン)が、藍野から依頼を受けていた調査の報告にやってくる。シスターを部屋から追い出し、藍野に色っぽく迫る麗美。覗き見るシスターは苛立ちを募らせるが…!?

その間にも亜美と磯山の関係は急速に進展。亜美の本性は暴かれるのか?そして最後に待つとんでもない大どんでん返しとは!?


第5話のゲストは、石黒英雄さん中村静香さんです。

今週の藍野のファッションも奇抜でしたが、さすが着こなしてらっしゃいました。
ドラマの中でも、藍野のファッションに突っ込みが入ってましたね。


スポンサーリンク

ネットの声



原作者である加藤山羊先生のコメント。
加藤山羊先生も第5話はお好きなエピソードだったんですね。



第5話では、最後にどんでん返し的なオチが待っていましたね。
ミュージカルシーンもふんだんに組み込まれていて、楽しめました!
事務所の皆で踊って歌うシーン、素敵でしたよね。

そしてなんと!次回の放送で最終回!
最終回を惜しむ声が多く見られました。

スポンサーリンク

「あいの結婚相談所」第5話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「イケメン僧侶のお相手は?」
  • 見どころポイント② 「亜美の本性」
  • 見どころポイント③ 「衝撃の結末!磯山の求めていた条件とは」

① 「イケメン僧侶のお相手は?」




「あいの結婚相談所」に相談にやってきたイケメン僧侶である磯山昌尚は、寺には属さず、葬儀などに派遣される「マンション僧侶」をしています。

そんな彼の相手として選ばれたのが御子柴亜美という美女。

亜美は別の婚活サイトに登録していましたが、藍野のスカウトにより、磯山を紹介されることになりました。

すぐに磯山と亜美とは良い雰囲気に進展しますが、亜美には、別の男性の影がちらほら。

第5話のゲストキャストである石黒英雄さんと中村静香さんの出演に喜びの声が多く見られました。




イケメン僧侶役ということで、石黒英雄さん格好良かったですね!
中村静香さんは悪女役をいつもキュートにこなされますね!

② 「亜美の本性」



磯山の前では可愛らしい女性である亜美ですが、その本性は、婚活サイトに登録してデートを繰り返しながら男性から金品を奪う「婚活荒らし」だったのです。

婚活サイトで知り合った男性とデートをしては、ブランド物の洋服を買わせたり、金銭を受け取ったりしています。
こうして買わせた洋服などの写真をSNSにアップして、楽しんでいる様子。

磯山を紹介された時も、新たなターゲットを見つけたとばかりに、彼をお金の対象でしか見ていませんでした。

実際、磯山にも高価な物を買わせ、嘘をついて現金も受け取りました。

なんという悪女!と言いたいところですが、中村静香さんの魅力には、抗えないですよね。
ついつい何でも貢いでしまいそうになります。

しかし彼女がこうなってしまったのには、ある理由があったそうなのです。

③ 「衝撃の結末!磯山の求めていた条件とは」



磯山は、藍野から亜美の本性について全て知らされた上で、それでも亜美と結婚したいと考えているのだそうです。
だからこそ、亜美の元彼達が起こした集団訴訟の示談金支払いも自らが背負うと申し出ました。

普通なら考えられないですよね。

しかしそうまでして磯山が結婚したいと思ったのは、彼女の過去を知っていたからなのです。

亜美は、過去の一件により、男性不審に陥った経緯がありました。
だから男性を騙すようなことを繰り返していたのです。

そのことを知っていた磯山は、亜美を理解し、大切にしたいと考えたのです。

これでカップル誕生!一件落着!
と言いたいところですが、最後の結末に大どんでん返しのラストが待っていました。

それは、最後に明らかにされた結婚相手に求める条件。

磯山が相手に求める条件は「相手の親族が寺院を持っていること」というもの。

亜美は、おじいさんがお寺をもっているので、条件に当てはまりますね。

これが何を意味しているのか。

マンション僧侶には手にすることができなかった「宗教法人格」が手に入るのです。
宗教法人格があれば、法人税が非課税となります。

つまり磯山は、この「宗教法人格」目当てで亜美と婚約したのです。

思慮深い人だと信じきっていたので、最後の最後に大どんでん返しでしたね。

スポンサーリンク

まとめ


原作者である加藤山羊先生も好きだという第5話の放送でしたが、最後の結末には大どんでん返し的なオチがついていましたね。
ミュージカル要素も盛り沢山で、見どころ満載でした!

ゲストキャストである石黒英雄さんと中村静香さんの出演も反響が大きかったです。
やはり中村静香さんの悪女役は最高ですね!

さて、次週の放送で最終回となります。

最終回を惜しむ声が多く見られる中、どのような最後を迎えるのでしょうか?

次週、最終回!絶対に見逃せません!

← あいの結婚相談所 第4話の感想へ


スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!