ドラマ「黒革の手帖」の第5話が放送されました。

前回の第4話では銀座で一番のクラブ「ルダン」を購入するために、元子が上星ゼミナールの理事長・橋田の弱みを握るところで終わりました。

⇒黒革の手帖 4話のあらすじはこちら

橋田の弱みを掴むために、新人ホステスのすみ江を橋田のもとへ送るという元子の手段にネットでは様々な声があがっていました。

そんな最強悪女の元子が今回は手に入れた橋田の弱みを使って、橋田と対峙します。


「黒革の手帖」の第5話について、感想や評判についてコメントしましたので、ご覧ください。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、読みたくない方は注意してくださいね)

第5話のあらすじ

新しくホステスになった島崎すみ江(内藤理沙)を使い、上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)の裏口入学斡旋者リストを手に入れた原口元子(武井咲)。

次は橋田が買おうとしている料亭『梅村』を奪い、それを2億円で転売して、銀座の老舗クラブ『ルダン』を手に入れようと考える。その矢先、『ルダン』を所持している人物が政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)だとわかり、元子はいよいよ計画を実行に移す決意を…。

一方、亡き国土交通大臣・若槻の妻・貴子の対抗馬として同じ選挙区から出馬しようとしていた安島富夫(江口洋介)だったが、若槻夫妻に思いがけぬスキャンダルが発覚! 期せずして党の公認候補として選挙戦に臨むことになる。貴子から「裏切り者!」と罵られた安島は思わぬ行動に出る!

そしてついに元子は橋田と対決するため、黒革の手帖を携えて、上星ゼミナールへと乗り込んでいく…。


今回はいよいよ橋田理事長との対決シーン!

元子の追い詰めに橋田はどう対処するのか見ものです。

また「ルダン」があの長谷川会長が所有していたということもあり、元子は長谷川会長に交渉を持ちかけるのですが、その条件がなかなか厳しいもの。

今回は元子の駆け引きに注目です!

スポンサーリンク

ネットの評判

第5話が放送されてネットでもいろいろな声があがっていました。


いろいろなコメントが見られましたが、元子の悪女ぶりに心配の声も聞こえてきました。

しかし、悪女が売りの「黒革の手帖」なので、元子の追撃は止まることはないのでしょうね。

登場人物も増えて、いろいろと複雑化してきた「黒革の手帖」ですが、これらの人物が元子にどう接していくのか、または復讐していくのかが見どころですね。

スポンサーリンク

「黒革の手帖」第5話の見どころポイントは?




ここからは第5話の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「相変わらずの橋田のキモさ」
  • 見どころポイント②「長谷川会長との交渉」
  • 見どころポイント③「すみ江の動向」

①「相変わらずの橋田のキモさ」


前回に引き続き、橋田のキモさが目立ちましたね!

元子が橋田のもとへ訪れたことから、橋田はてっきり元子が橋田のものになると勘違いしていたようですが、そのときのやりとりが相変わらずキモかったです。



ネット上でも今回の橋田のキモさに、みなさん震えてましたね(笑)

さて、橋田は長谷川会長から料亭「梅村」を1億5千万円(プラス長谷川会長への5千万)で購入をしたのですが、元子は何と2千万円で売ってくれと言います。

案の定、拒否をする橋田ですが、そこで元子の黒革の手帖が登場!

おまけに裏口入学斡旋の資料も見せられたことで、しぶしぶ「梅村」を元子の言い値で売却することに。

それから陰にこもった橋田の姿がまたヤバそうな雰囲気をかもし出しています。

絶対、元子に復讐をするでしょうね。

スポンサーリンク

②「長谷川会長との交渉」

「ルダン」の所有者が長谷川会長と知った元子は、単身、長谷川会長のもとへと訪れます。

しかし、そこには安島の姿もありました。

少し動揺をする元子ですが、長谷川会長へ「ルダン」を3億円で売ってほしいと頼みます。

長谷川会長は初めは後ろ盾を持たない元子に驚きを現したのですが、元子の腹のすわりように、ある条件で「ルダン」の売ってもいいと言います。

その条件と言うのが、

①手付金として5千万円を用意すること。
②半年以内で残りの2億5千万円を支払うこと。

この二つの条件をクリアできなかった場合は、手付金の5千万と違約金として5千万の合計1億円を支払う

というのを条件に「ルダン」の売却を認めるということでした。

横で話を聞いていた安島は厳しい条件に元子に止めるよう説得するも、元子はその条件を飲んで話を進めてしまいます。

元子が帰ったあと、長谷川会長は元子の素性が気になったようで、部屋にある男を呼び寄せました。

これによって、長谷川会長は元子の弱みを握るのでしょうか?

政界を仕切っているだけあって、抜け目のない人ですね。

そんな元子はすべてが計画どおり順調に進んでいることに、一人微笑むのでしたが、はたしてうまく事は進むのでしょうか。

③「すみ江の動向」

橋田はお弁当事件から一時はすみ江にちょっかいを出していました。

元子は橋田への逆襲とともに、すみ江とも今後、店の外でも会わないように約束させます。

その事をすみ江に伝え、元子の手足となって動いてくれたすみ江に対し、新しく店を開いたら高待遇で雇いたいと言います。

しかし、ある日に元子はすみ江が橋田と一緒にタクシーに乗り込むのを目撃してしまいます。

そしてその日はすみ江は「カルネ」に顔を出すことはありませんでした。

ネットでもすみ江の行動にいろいろな意見が飛び交っていましたね。



すみ江も初めはママのためと口にしていましたが、橋田と密会していたということは何か良からぬことを二人で画策しているのでしょうか。

だとするとすみ江の本性が怖いですね~、また一人、元子の敵が増えてしまうのでしょうか。

すみ江の今後の動向も注目です。

⇒「黒革の手帖」島崎すみ江を演じる内藤理沙がその本性を語る!

まとめ


さて、着々と「ルダン」購入へ動きをみせる元子でしたが、次回はそんな元子にさんざんやられてしまった面々が再登場するようです。

下の予告動画でもありましたが、元子窮地!って感じですね。



なんか一気に元子を叩き潰そうという勢いです。

元子は迫ってくる復讐の手をどのように断ち切っていくのでしょうか。

元子の手腕に注目です!次回の「黒革の手帖」も見逃せませんね!

← 黒革の手帖 4話のあらすじへ


スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!