ドラマ「黒革の手帖」の第4話が放送されました。

前回の第3話では銀座で一番のクラブ「ルダン」が売却されることを知った武井咲さん演じる原口元子が「ルダン」を購入する決意をするところで終わりました。

⇒黒革の手帖 3話のあらすじはこちら

その手に黒革の手帖をたずさえて、新たなターゲットを狙う元子は、どのような策略で「ルダン」を手に入れていくのでしょうか。


第4話の注目は元子のターゲットとなった上星ゼミナール理事長の橋田との駆け引き!そして新キャストが登場するのですが、ネットでは同情の声が・・・いったい何が起こったのでしょう!

そんな「黒革の手帖」の第4話について、感想や評判についてコメントしましたので、ご覧ください。

とにかく橋田理事長の狂気ぶりがヤバイんです。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、読みたくない方は注意してくださいね)

第4話のあらすじ

銀座のクラブの最高峰である『ルダン』が売りに出されると耳にした原口元子(武井咲)。

売り値は3億とも言われるその店舗を是非とも手に入れたいと考える元子は、黒革の手帖を捲りながら次なる一手に思いを巡らせる。

そんな中、元子は上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)から一泊二日の温泉旅行に誘われる。

安島富夫(江口洋介)と元子の仲を疑う橋田は、『カルネ』に居合わせた安島を牽制するように旅行の話を。元子が返答に窮していると、長谷川庄治(伊東四朗)が来店する。長谷川の来店を知った橋田は大慌て。

実は橋田は長谷川から、あまり気乗りしない案件を持ちかけられていたのだ。

後日、橋田とともに料亭『梅村』を訪れた元子は、そこで安島と婚約者の堂林京子(江口のりこ)と鉢合わせする。安島を気にする元子の様子に嫉妬心を掻き立てられた橋田は、元子を無理矢理自分のものにしようと…!?

数日後、『梅村』の仲居、島崎すみ江(内藤理沙)が『カルネ』で働きたい、とやってくる。

一方、橋田から大金を奪い、その金で『ルダン』を買い取ろうと考えていた元子は、ある計画を実行に移す!


今回はついに橋田理事長をターゲットに元子が動き出します。

そして新キャストの島崎すみ江を演じる内藤理沙さんが出演されます。すみ江がこの物語でどういう位置づけになるかも見どころですね。

スポンサーリンク

ネットの評判

第4話が放送されてネットでもいろいろな声があがっていました。


いろいろなコメントが見られましたが、今回、元子の起こした行動に共感できない視聴者が多数みられました。

また、黒革の手帖が火サス(火曜サスペンス劇場)のような演出っぽくなっているという声もありましたね。

これらのことは次の見どころポイントで紹介していますので、何があったのか読んでみてくださいね。

まあ今回の「黒革の手帖」は笑えました!

スポンサーリンク

「黒革の手帖」第4話の見どころポイントは?




ここからは第4話の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「橋田のキモさ」
  • 見どころポイント②「安島の割り切り」
  • 見どころポイント③「悪女・元子の作戦」

①「橋田のキモさ」


今回、一番の注目の見どころといえば、何といっても橋田のキモさでしょう!

長谷川から料亭「梅村」の購入を勧められていた橋田は、ひょんなことから元子と視察を行くことになります。

そこで橋田は元子を手に入れるために食事の部屋とは別に寝室も用意していました。

元子に襲い掛かる橋田。

ハラハラ、シリアスな雰囲気になるかと思いきや橋田役の高嶋政伸さんの元子に迫る演技がキモ面白くて逆に笑けてしまいました。

この高嶋政伸さんの演技にネット上でも話題になっていて、様々な声があがっています。



と橋田が気持ち悪いという声で溢れていました(笑)

この橋田の奇行の面白いところが、元子に迫るときに発したセリフで「真実の愛がほしいんだ!」と連呼しながら迫るんですけど、元子も黙ってはいません。

元子は橋田から逃れようと足を蹴りだすのですが、その足が橋田の腹に炸裂して橋田は「愛を~~」と叫びながら後ろへ吹っ飛びます。

文章では表現しづらいのですが、このシーンを是非動画でみてほしいです!

もうギャグとしか言えません。


スポンサーリンク

②「安島の割り切り」


長谷川から政略結婚を勧められた安島は、元子に「俺は議員になるためだったら何でもする」と心の内を語ります。

安島は婚約者の堂林京子からビジネスライクな付き合いでいいと言われていたのですが、安島は男としての一面を京子に見せだします。

その安島の男の色気にやられてしまった視聴者もいたみたいですね。



一夜をともにした京子もどうやら、少しずつ安島に心を動かされはじめたようです。

ビジネスライクと言っていましたが、京子の心の変化が元子と安島の関係に嫉妬していきそうな予感がしてなりませんね。

今後の進展で京子の心はどう変化していくのか注目です。


③「悪女・元子の作戦」



橋田理事長からホテルへお弁当を届けに来いと言われた元子。

元子は橋田理事長の弱みを握るためにある事をします。

料亭「梅村」の仲居だったすみ江を「カルネ」のホステスに雇い入れた元子は、すみ江に橋田理事長の元へお弁当を運ばせます。

その目的は橋田のノートパソコンから裏口入学の斡旋リストを入手するためでした。

弱みを握るために他の女性を利用する元子の悪女っぷりに視聴者からもいろいろな声が聞かれました。



常識では考えられない元子の行動にネットではやや批判の声がでていましたね。

それ以外にすみ江の動向を気にかけた声も見られました。



元子から交通費として100万円を差し出されたすみ江でしたが、お金を積まれても体を張れるのは相当な覚悟か何かがありそうな気がしますね。

ましてや、すみ江は料亭で橋田のキモイ愚行を料亭で見ていたのですから。

すみ江の行動にも注目していく必要がありそうです。

⇒「黒革の手帖」島崎すみ江を演じる内藤理沙がその本性を語る!

さて、そんなカルネに入って間もないすみ江を橋田の元へ行かせた元子も相当な悪女ですね~。

欲しいものを手に入れるためには何が何でもするって姿が見えた出来事でした。

改めて元子は悪女なんだな~と感じさせられたシーンでした。


まとめ



さて、橋田の弱みを得た元子はいよいよ次回の第5話で仕掛けます。

どのような切り口で橋田を丸め込ませるのか気になりますね。

この元子の相手をバッサリ切る姿が気持ちイイという視聴者が多いみたいです。

予告動画でもあったように、橋田以外の人物とも何やらひと悶着ありそうな元子。

暴走する悪女というキャッチフレーズだけあって、何が起こっていくのか気になりますね。

次回の「黒革の手帖」も見逃せませんね!

← 黒革の手帖 3話のあらすじへ


スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!