ドラマ「黒革の手帖」が7月20日(木)より放送を開始しました!

第1話の放送が終わってから、視聴者からの評判も上々で、当初不安視されていた武井咲さんの役どころについても払拭されたようですね。

⇒黒革の手帖 武井咲の演技力にミスキャストの声?世間の声を調べてみた

なぜ、武井咲さん主演の「黒革の手帖」が伸びているのか、気になる毎回の視聴率とともにその面白さに迫ってみたいと思います。

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

黒革の手帖のあらすじ



主人公の原口元子(武井咲)は母親が残した借金を返すため、昼は派遣社員として東林銀行 世田谷北支店で働き、夜は銀座のクラブ「燭台」で派遣ホステスとして働いていた。

銀行業務に携わる中で元子は違法な借名口座にお金を預ける者や、銀行の大口取引先からコネで入社してくる娘を見て、自分の現実に打ちひしがれていた。

あるとき、東林銀行 世田谷北支店で新入社員の浅はかな行動から顧客の情報がもれてしまう。

その責任を元子に擦り付け契約を解除しようとした上司に怒りを覚えた元子は、違法な借名口座から1億8千万円を横領する。

元子は借名口座の詳細を記した「黒革の手帖」と横領したお金を元に、銀座でクラブ「カルネ」を開店させる。

銀座の最年少ママとなった元子は自分の居場所を作るために、その美貌と知恵を活かし、男を手玉にして銀座を駆け上がっていくのだった。

脚本家・羽原大介の功績

ドラマの人気の土台を作るのは制作スタッフの力によると思いますが、中でもストーリーの柱をつくる脚本家の力が大半をしめることでしょう。

脚本を担当したのは羽原大介さんで、NHKドラマ「マッサン」の脚本を担当したことでも有名ですね。

今回の「黒革の手帖」の脚本を手掛けるにあたって、ある成約が足かせとなっていたのですが、その足かせを跳ねのけて面白い内容を作り上げました。

足かせが何か気になる人はこちらの記事を!
⇒「黒革の手帖」あのシーンがカットってどうよ?

視聴者に受け入れられた要因は、羽原さんが今回のドラマの中で亡くなった父親が残した借金を、母と元子が苦労して返済していくという過去をきちんとあらすじやストーリーの中に描いたためだと分析する人もいます。

この箇所は今回のオリジナルとして羽原さんがストーリーの中にはめ込んだ部分です。

その甲斐あってか、視聴者が悪女であるはずの元子に肩入れできるようになり、悪いことなのだけど元子のすることに痛快感を覚えることになったのですね。


スポンサーリンク

ネットの評判は?

ここではネットから集めた視聴者の声を紹介したいとおもいます。

いろいろな声がでていますよ。


いろいろなネットの声からも、今回の「黒革の手帖」が面白いということがわかりますね。

ドラマの前評判の先入観から期待をしていなかった人も、なにげにドラマを観て思わずのめり込んでしまった人もいたようですね。やはりドラマは中身が勝負ということでしょうか。


スポンサーリンク

視聴率速報!

それでは本題の視聴率に移りたいと思います。

ネットの評判同様に視聴率も右肩あがりになっています。

現在(8/4時点)は第3話まで放送されています。

※各話の放送終了後に視聴率を更新していきます!

【黒革の手帖 視聴率】

視聴率
第1話 11.7%
第2話 12.3%
第3話 10.9%
第4話 10.7%
第5話 10.4%
第6話 10.1%
第7話 11.8%

第3話では前回より1.4%下降しましたが、依然として2ケタをキープ!

6週連続で2ケタを維持していることから、人気の陰りはないでしょう。

第4・5話では、高島政伸さん演じる橋田理事長がキモすぎると話題になっていますね。

また、新しく「カルネ」に入ってきた新人ホステス・すみ江の動向も気になります。

毎回、巻き起こる様々な出来事に目が離せないですね~。

⇒ 「黒革の手帖」4話 新キャストに同情の声が?

⇒ 「黒革の手帖」5話 ルダンの持ち主は長谷川会長だった!

まとめ



「黒革の手帖」はさまざまな事を駆使して元子が成り上がっていくドラマ。話が進むたびに元子の人生の逆転劇が描かれていきます。

初回から元子のもとには多くの人物が現れています。この人たちをどう手玉にとっていくのか、またどう関わっていくのか、これからの展開に注目していきたいと思います。

この記事では毎回視聴率を更新していきます。

ドラマの人気の動向もふくめて、これからもお伝えしていきますので、またお立ち寄りくださいね。

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!