7月20日からドラマ「黒革の手帖」の放送がスタートしました。

松本清張原作の小説「黒皮の手帖」はこれまで何度も映像化された作品です。

今回の主演は武井咲さん。前のドラマ化では事務所の先輩の米倉涼子さんが主演をされていて、後輩にバトンタッチとなっています。

ドラマの内容も少し現代風にアレンジがされていて新生「黒革の手帖」といったところでしょうか。

ここでは「黒革の手帖」の第1話について、感想や評判についてコメントしていこうと思います。

第1話のあらすじ

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。

莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。

そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。

容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まる。

ある日、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?


原口元子が銀座で成り上がるための出発点を描いた第1話。

この第1話だけでも元子のしたたかさや人を操る術がつまっていてとっても見どころが満載です。

視聴率も11.7%と、まずまずのすべり出しですね。

スポンサーリンク

ネットの評判

第1話が放送されてネットでもいろいろな声があがっていました。


不朽の名作とあって、ドラマの内容自体は面白いとの声が多かった一方、今回の制作の意図なのか前回よりもドロドロとした激情感があまり感じられなかったのか、この作品の昔からのファンからは厳しい声もあがっているみたいですね。

原作との違い

ちなみに原作の小説は実在した事件をモデルに松本清張が取材をして執筆されたといいます。

その事件というのが滋賀銀行の山科支店で起こった9億円横領事件です。

実際の事件では女子行員が横領したお金は男に貢ぎ、自分は質素な生活を送っていたそうなのだけれど、小説の主人公、原口元子は派遣の銀行員として働き仕事で知った借名口座の預金を自分の口座へ横領して、その金で銀座でクラブを開き成り上がっていくという物語です。

その借名口座のリストが記載されているのが元子が持っている「黒皮の手帖」なんですね。

今回のドラマと原作の違いは、問題の原因となる新人行員が顧客の情報をTwitterに投稿することであったり、投稿された顧客がお笑い芸人の斎藤司(トレンディエンジェル)が本人役として登場すること。

また、クラブで楢林と叡子の会話の中で国有地払い下げの話題が出たりと、現在の時事ネタがドラマの中に取り入れられている点があります。

「黒革の手帖」がずいぶん前に発刊されたものだけに、撮影スタッフも現在の視聴者がなじめるように、時事ネタを盛り込んできたのでしょうね。

スポンサーリンク

「黒革の手帖」第1話の見どころポイントは?




最強悪女・原口元子の下克上が話題の「黒革の手帖」。第1話は元子が駆け上がっていく軌跡を中心に話が進みますが、ここからはその見どころについてご紹介します。

  • 見どころポイント①「男を虜にする術」
  • 見どころポイント②「爽快な復讐劇」
  • 見どころポイント③「主題歌を歌う福山雅治さんの歌詞に注目」

①「男を虜にする術」


元子はのし上がっていくために、男に気に入られる術を心得ているのですが、その方法がそこまでするかと思うくらい感心させられました。

そのシーンをちょっと紹介しますね。
ゴルフ場での元子の行動

叡子ママ(真矢みき)に連れられてクラブのお客さんとゴルフ場へ行く元子。

同席していたお客は病院を経営する楢林(奥田瑛二)とその知人のゼミ理事長の橋田(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島(江口洋介)。

楢林がティーショットを打つがそのボールがコースからそれてしまう。

ボールを探しに行った一同であったが、安島が林に落ちていたボールを見つけると楢林たちのもとへ戻るが、そこで驚きの光景を目にすることになる。

なんと元子が楢林のボールを持って手渡しているのであった。

元子は自分を純粋な女を演じるために、池に入りニセのボールを持って楢林のもとへ戻ってきたのであった。

その光景を見た安島は元子のしたたかさに苦笑いするのであった。


男に取り入り、自分をよく見せようとしたこの計算された行動には、面食らってしまいましたね。上の写真の江口洋介さんが頬を吊り上げたよう(この女性は・・・)と男ならだれでもなってしまいますね。

また、実際のできるホステスの人たちも常にこういう人の心を巧みに操る術を考えているのかと感じてしまったシーンでした。

客商売をしている人にとっては、この元子の人を動かす術は学べきところがあるのではないかと思いましたね。

②「爽快な復讐劇」


元子が契約社員として昼間に働いていた東林銀行で顧客の個人情報がSNSで流出してしまうという不祥事が起こってしまいます。

情報を流出させてしまった人物というのが、新人行員でこの行員は銀行の得意先の娘でコネで入社したという女。

その責任を派遣社員である元子と波子(仲里依紗)に押し付け今月で契約を解除されてしまいます。

銀行の対応に腹を立てた元子は、銀行が行っていた違法な借名口座から自分の口座に1億8千万円のお金を送金し復讐をするのですが、銀行も黙ってはいません。

元子にお金を返すように説得するのですが、違法なお金であるため、元子に対して強く言えず、立場は逆転するというシーン。

ここでの元子が行員の上司たちに借名口座の情報を記した黒革の手帖をチラつかせて手玉にとっていくシーンがなんとも爽快でした。

元子の行った犯行は悪いことなのですが、これまでの上司の行員が元子たち契約社員に対する言動などを見ていると、この逆転劇はモヤモヤしていた気持ちが晴れてしまいましたね。


③「主題歌を歌う福山雅治さんの歌詞に注目」




ドラマの主題は、福山雅治さんの歌う「聖域」という曲です。

福山さんは今回の「聖域」についてこのようなコメントを寄せていました。

タイトル『聖域』は、自分の中の守るべき場所、あるいは自らが望むあるべき姿への憧れという意味を込めました。

幸せも不幸せも、豊かさも貧しさも、他人が決めるのではなく自分で決める。

武井咲さん演じる主人公は、とても強く、とても繊細な孤高の人、というイメージで作詞をしました。と同時に、実際の武井咲さんがこんな女性だったら、という妄想も含めて」


と語っています。

自分の中の守るべき場所とは元子が銀座を自分の居場所を作りたいと語っていたところとリンクするところですね。


まとめ

初回である第1話は、元子が銀座のママになるため駆け上がっていくための回でした。
次回は元子のライバルとなる波子との戦いが始まります。

元子の人心術で波子とどのような駆け引きが起こるのでしょうか。

いろいろな声もありますがそれはそれとして、次回も見逃せませんね!

黒革の手帖 2話のあらすじ →

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!