福士蒼太さんと川口春奈さん主演のドラマ「愛してたって、秘密はある。」が7月16日に第1話が放送されました。

秋元康さんが企画ということもあって、観てみるととても面白かったです。

秋元さんさすがですね~

さて、このドラマは福士蒼太さん演じる黎(れい)が昔、母親を助けるために父親を殺してしまい、その罪を隠しながら生活を送るというストーリー。

ドラマの終盤にその秘密を知る何者かから黎のメールに届くのですが、早速ネットではメールを送った真相をしる人は誰なのか話題がもちあがっていますね。

この記事では毎回の放送後に黎にメールを送った犯人を考察していきます。

ネット上の声も含めながら、いろいろと考察していきたいと思いますが、ネタバレを含む可能性大なので注意して読んでくださいね。


↓第一話を見逃してしまった人はこの方法で見ましょう!
愛してたって、秘密はある。見逃した第1話の動画を無料で見る方法

あらすじ

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(川口春奈)と交際中。黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎。しかし、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、中学生だった黎は、父の皓介(堀部圭亮)が母の晶子(鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを目撃。晶子の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を殴り殺してしまう。黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。以来、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習中。自分が人を殺してしまったことから、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったのだ。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判のコワモテ検事。「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」と、取調べのように立花に詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

そんな中、黎のもとに不気味なメールが届く。差出人は不明だが、黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているようで…。誰かが自分の秘密を知っている…その事実におびえる黎。しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず、次々と黎の身に降りかかってきて…。


スポンサーリンク

第1話の謎を考察

第1話の終盤に黎の身体が凍り付くような内容のメールが届いたのですが、それ以外にも父親が埋められていた場所に黄色の花束が添えられていました。

また、後日、その父親が埋められていた場所が掘り返され、母と黎は驚きを隠せないでいるシーンで第1話は終わりました。

ネットでの声



ネットでもメールを送った人物(犯人)について、いろいろな声が上がっていました。

その中で名前が上がっていたのが

  • 母親(鈴木保奈美)
  • 黎が家庭教師をしていた高校生(吉川愛)
  • 母親の職場の同僚(鈴木浩介)

でした。

花束の意味は?


どのように黎が父親を殺害したことを知ったのかは別として、父親が埋まっている場所に黄色い花束が置かれていたということに、人物像をさぐる鍵がありそうな気がしますね。

黄色い花束は8年前のあの事件を引き起こすきっかけとなったので。

そうるすと、当時のことを知る人物となると母親の同僚という線が浮かぶのですが・・・第1話の内容だけでは確定はむずかしいですね。

↓第一話を見逃してしまった人はこの方法で見ましょう!
愛してたって、秘密はある。見逃した第1話の動画を無料で見る方法

スポンサーリンク

第2話の謎を考察

第2話では新たに黎のスマホに犯人から「お父さん みーつけた」という内容のメールが届きました。そのことについて黎はお母さんには黙っていましたね。

そして第2話の最後にはついに父親の車が海の底から発見されましたが、その前に黎の職場に黎宛の手紙が届いていたのですが、その中身には黎の忘れ物として父親の車のキーが入っていました。

謎が深まるばかりですね・・・。

ネットでの声



ネットでも車が発見される前に黎の手元に犯人から腐敗していない車のキーが届いたことに混乱している内容が多く見られました。

このことがどうやって犯人が車のキーを手に入れたのか謎になっているところですね。

本当に父親の車のキーなのか?

気になったのは黎に送られた車のキーが本物なのかどうかということです。

ポイントとなりそうなところが、車のキーについていたキーホルダー。

もしかすると、犯人は車のキーは別のもので同じキーホルダーを用意して付けたものを黎に送ったのではないかと想像できます。

この点は第3話以降に判明していく謎になりそうですが、なんにしても11年前の黎の身辺を知り尽くしている人物が犯人に該当することは違いなさそうです。

といっても、まだこの段階では絞り込みはむずかしいですね。

スポンサーリンク

第3話の謎を考察

第3話が放送されて、前回、謎になっていたことが判明される一方、犯人については依然としてわからず謎が残ったままでした。

今回の放送でわかったことや、気になるところを書き出してみました。

車のキーホルダーについて

警察からお父さんの車が見つかったとの連絡を受けて、黎はお母さんとともに警察署に顔を出しました。

そこで海から引き上げられた車の写真には車のキーがささったままでした。

ということは、黎に送られてきた車のキーは別のものであったことがわかります。

自宅で黎はキーに付けられていたキーホルダーを確認し裏には『92』と番号が刻まれていました。

そもそもこのキーホルダーは黎の父が働いていた病院の50周年記念に作られたもので、100個の限定のものだということを黎は風見から確認します。

そして、驚くことに風見が持っているキーホルダーのシリアル番号が『92』番のものでした。

風見は最近、このキーホルダーを無くしてしまったと証言しています。

ということで黎に送られた車のキーは風見のキーホルダーを盗んで本物に模したものでした。

黎のお母さんが犯人に階段から突き落とされる?

第3話の終盤で黎のお母さんが階段から落ちて、意識不明と風見から黎に連絡が入りました。

これも黎たち親子の秘密を知る犯人の仕業なのでしょうか。

果凛の動きが怪しい



お母さんが働いている病院に果凛の姿がありました。(風見とすれ違うシーンより)

なぜ、果凛は黎のお母さんの病院を訪ねていたのでしょうね。

理由はまだわかりませんが、この展開の見せ方だと果凛がお母さんを突き落したのではと思わせてしまう見せ方ですよね。

制作側の視聴者を混乱させようとの意図が感じられる作り方です。

第4話の謎を考察


第4話でついに犯人は黎以外の人物にも手を出してきました。

黄色い花束ふたたび

階段から落ちた黎のお母さん・晶子が入院することになったのですが、その病室に犯人から黄色い花束とメッセージカードが届いていました。

幸い晶子は部屋にいないときで、黎が病室へお見舞いに来た時にその花束はありました。

黎は誰が花束を贈りつけたのかを調べ、あるフラワーショップへ差出人を聞きに行きます。

しかし、その花束はネットから注文されていて、届ける一週間前に註文が入っていたとのことでした。

このことから、犯人は計画的に晶子を入院させることを企んでいたことがわかります。

爽のかんざしと証拠品

黎と爽が花火大会の会場へ向かう中、犯人は後ろから爽がしていたかんざしを抜き取ります。

そして、そのかんざしとともに黎の父を殺害したトロフィーを爽のもとへ宅配便で送りつけます。

ついに、黎の秘密を他の人に広めだした犯人。

これからドンドンと秘密を暴露していくことになりそうです。

さて、ここで注目するところは犯人が黎と爽が花火大会に行くことを知っていたということです。

ここから犯人を絞り込めるポイントとなりそうな気がします。


↓第一話を見逃してしまった人はこの方法で見ましょう!
愛してたって、秘密はある。見逃した第1話の動画を無料で見る方法

犯人の情報

これまでの話の中で犯人につながる情報はドラマの中でいろいろとちりばめられていましたが、犯人を確定させる重要な情報としては以下のポイントだと思います。


  • 黎が父を埋めた事実を知る人物
  • 黄色い花束の意味を知る人物
  • 父の車を崖から落としたことを知る人物
  • キーホルダーが父が働いていた病院の記念品であることを知る人物
  • 花火大会の情報を知ることができた人物

といったところでしょうか。

少しずつですが絞り込みの範囲が狭まってきましたね。

これからの話の展開もふまえて、予想は随時お伝えしていこうと思います!

↓第一話を見逃してしまった人はこの方法で見ましょう!
愛してたって、秘密はある。見逃した第1話の動画を無料で見る方法

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!