ドラマ「黒革の手帖」のロケ地をまとめてみました。7月20日から放送が始まりますが、撮影も順調に進んでいて頻繁にロケをしているようです。



ドラマ「黒革の手帖」の公式ツイッターでも、クランクインの報告を載せて伝えていますね。

早速、ロケ班と遭遇された人がいるようで、ネット上でも思わぬ遭遇に興奮の声が投稿されています。

黒革の手帖 ロケ地はやっぱりあの場所

ここからはネット上であがっていた、ドラマ「黒革の手帖」の撮影現場の目撃情報をまとめ、ロケ地を紹介したいと思います。

ドラマ「黒革の手帖」はストーリーの関係から、ロケ現場では武井咲さんが着物を着て撮影されていることが多いようです。

また現在、ロケ地の目撃情報で多いのは話の舞台である『銀座』で撮影されている声が多いようですね。

銀座

6月17日のロケ



6/17の銀座での撮影は武井咲さんと仲里依紗さんが「東急プラザ」付近で一緒に撮影されていたようですね。

仲里依紗さんの役(山田波子)は、武井咲さん(元子)と同じ銀行で働く派遣社員の役で、その後、元子に誘われてホステスになるという人物です。

撮影現場では仲里依紗さんがOL姿だったこともあり、派遣社員時代の撮影がおこなわれていたようですね。

スポンサーリンク

6月30日のロケ



6/30の銀座での撮影は武井咲さんが滝藤賢一さん(写真右側)と一緒に撮影をされていたようです。

今回、滝藤賢一さんは武井咲さんの元職場の銀行の支店の次長の役をされています。元子から借名口座のことで駆け引きをされていたのでしょうか。

喫茶店での撮影のようですが、武井咲さんが着物を着ていたことから、すでにホステスとなって滝藤賢一さんと会っているシーンの撮影だったのではないかなと推測されますね。

スポンサーリンク

その他の地域

駒場~渋谷

世田谷



銀座以外でも武井咲さんの撮影を目撃したとの情報もありましたが、詳細な情報が無く、これらの地域がどの辺りで行われていたのかはわからないですね。

スポンサーリンク

エキストラ情報からわかること

ドラマの撮影現場に遭遇することは、めったにないことです。

普通に生活をしていて運まかせでは、ほぼ遭遇することは無理でしょう。

どうすればロケ地がわかるのか、また出演者に会えるのか。

役者でもない私たちがドラマの撮影現場に携わることができるのはエキストラをすることくらいでしょうか。

しかし、社会人ともなると仕事もあるし毎日が忙しく、時間の拘束があるエキストラをすることはなかなか難しいですよね。

ちょっと面白いことに気付いたのですが、ここにドラマ「黒革の手帖」の公式ホームページから抜粋したエキストラ情報があります。

【エキストラの募集要項】

◇撮影日:2017年7月1日(土)
◇撮影時間:10:30~12:30を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:通行人役

◇撮影日:2017年7月2日(日)
◇撮影時間:12:00~15:50を予定
◇場  所:東京近郊
◇募集概要:報道陣や記者の役

◇撮影日:2017年7月2日(日)
◇撮影時間:12:00~15:50を予定
◇場  所:東京近郊
◇募集概要:医者、看護師、お見舞い客、患者の役

◇撮影日:2017年7月2日(日)
◇撮影時間:17:00~22:30を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:通行人役

◇撮影日:2017年7月3日(月)
◇撮影時間:9:00~22:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:高級クラブのお客様役

◇撮影日:2017年7月4日(火)
◇撮影時間:9:00~22:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:高級クラブのお客様役

◇撮影日:2017年7月6日(木)
◇撮影時間:8:00~10:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:通行人役

◇撮影日:2017年7月8日(土)
◇撮影時間:15:30~17:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:通行人役

◇撮影日:2017年7月9日(日)
◇撮影時間:8:15~9:15を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:喫茶店のお客様役

◇撮影日:2017年7月9日(日)
◇撮影時間:19:30~22:15を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:通行人役

◇撮影日:2017年7月10日(月)
◇撮影時間:7:45~10:30を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:喫茶店のお客様役

◇撮影日:2017年7月10日(月)
◇撮影時間:14:30~23:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:高級クラブのお客様役

◇撮影日:2017年7月11日(火)
◇撮影時間:9:00~11:00を予定
◇場  所:東京都内
◇募集概要:高級クラブのお客様役

引用元:ドラマ「黒革の手帖」公式ページより抜粋

とありますね。

撮影場所が東京都内と漠然としていて、はっきりとしたロケ地がわかるわけではないのですが、「黒革の手帖」の舞台は銀座を中心とする話なので、あらかたロケ地を予測することはできそうです。

これまでの目撃情報からも、今後もロケ地にはやはり『銀座』がメインの撮影場所となるのではないでしょうか。

また注目してもらいたいのは募集概要に「通行人役」という募集があることです。

通行人ということは、その日の時間帯の撮影は屋外での収録の可能性が大きいと予想されます。

さすがに「高級クラブのお客様」が募集となっている撮影の日は、建物内での撮影だと思うので、撮影現場を見ることは難しそうですが。



この点を踏まえて銀座周辺を散策してみると、もしかしたら「黒革の手帖」の撮影現場に遭遇することもあるかもしれませんね。

ロケ地のまとめ

今回はドラマ「黒革の手帖」のロケ地をまとめてきました。これまでの内容からポイントをまとめてみようと思います。

ロケ地のポイントまとめ


  • 話の設定から『銀座』での撮影が期待大
  • エキストラ募集が『通行人役』の日は屋外での可能性大


といった感じでしょうか。

今回お伝えした「黒革の手帖」のロケ地の情報は昼時のものばかりでしたが、「黒革の手帖」は元子が銀座のクラブでママになってのし上がっていくストーリー。

なので撮影も夜の時間帯に行われることも多いとおもいます。

遭遇を狙うなら夜の時間帯もねらい目ではあると思います。着物姿で凛とした武井咲さんや華やかに着飾った仲里依紗さんにお目にかかれるかもしれませんね。

引き続き、ロケ地の情報をキャッチして新しい情報を掲載したいと思います。あなたの地域にも武井咲さんや江口洋介さん達が現れるかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!