監獄のお姫さま9話のリンちゃん

「監獄のお姫さま」第9話が放送されましたね!

前回の放送では、しのぶ以外のメンバーが全員仮釈放となり、出所。

復讐ノートはふたばの手に渡り、二度と過ちを犯して欲しくないという願いから、ノートを渡せないと告げられます。

シーンは変わって2017年、板橋の妻である晴海を連れて、ふたばが再び合流!

そんな第8話の視聴率は6.6%という結果。
前回大幅に下がりましたが、持ち直しましたね!

↓第8話のおさらいはコチラ
⇒監獄のお姫さま8話 菅野美穂のにゃんこスターダンスが面白いと話題に!

今週の放送では、ふたばが復讐計画に加担した動機が明らかに!

そして、復讐計画の全貌が明かされます!

最後に、これまで姿を見せなかったあの人物が登場!?

これまで散りばめられていたピースが全てはまっていくような、見れば納得!怒涛の伏線回収に乞うご期待!

ネタバレ注意!
ここからは記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね。


スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」第9話のあらすじ



出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。

そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。

だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

時が経ち、2017年のある日。
悠里 (猫背椿) が店長でカヨが勤める美容室に若井がやってくる。驚きを隠せない中、若井の髪をカットするカヨたっだが、カットを終えると何も言わずに若井は去っていった。戸惑うカヨと悠里だったが…。

そして… 2017年12月25日。
晴海 (乙葉) も揃ったガレージで、プレ裁判が開廷!
最終章・前編が幕を開ける !!



検事・金城役として満島真之介さんが出演!

真之介さんは、満島ひかりさんの弟さんということで、初めての姉弟共演の実現です!

ネットの声





伏線を一気に回収する回でしたね!爽快感がありました!
また一話から見返したいという意見も多く見られました。


今週の板橋も最低野郎でしたが、演じられている伊勢谷友介さんご自身もそう思いながら、演じられておられるのですね。

スポンサーリンク

「監獄のお姫さま」第9話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「先生の動機」
  • 見どころポイント② 「娑婆での再会」
  • 見どころポイント③ 「プレ裁判」

① 「先生の動機」




気になる点でしたが、これまで明かされていなかったこと。

ふたばが復讐計画に加担するに至った動機。

しのぶと勇介を会わせてやりたいと考えたふたばは、しのぶの母親に手紙を送ります。
板橋には内緒で、面会に勇介を連れてきて欲しいと。

ところがやってきた母親は、手紙の存在を公にした挙句、板橋にも手紙の内容を漏らしたとのこと。

関わりたくないから「考えないことにしました」と話す母親に激昂。

あんたが全ての元凶だ!」と母親に詰め寄ります。

その頃、板橋はしのぶの面会に訪れていました。

板橋との会話の中で、マインドコントロールを受けたかのように混乱するしのぶ。

駆けつけたふたばに「先生、私がやりました。やっぱり私、犯人です」と告げるのです。

おそらくこの日の出来事が動機になったのでしょう。

カヨたち同様、ふたばもしのぶの身を案じ、復讐計画に加担したのですね。

② 「娑婆での再会」



出所したカヨは、悠里が店長を勤める美容院で働き始めました。

そこへ現れたのは、ふたば!

ふたばの髪をカットし終わった後、座っていた席に残されていたのは「復讐ノート」と折り紙の手裏剣。

手裏剣を開くと地図が書かれており、その場所まで出向くと…、そこは現在のアジトの場所!

そこで再会したのは、千夏・洋子・明美の三人!
いずれも、わかばに召集されたとのこと。

返ってきた「復讐ノート」は、ふたばによる添削がされていました。

娑婆に出てからも、復讐計画のことは忘れていなかったという三人。

改めて復讐計画への誓いを立てます!

そしてここから怒涛の伏線回収シーンが描かれます。

再びカヨの前に現れた黒ずくめ姿のふたばが「サソリ」と呼ばれていたワケ。



満島ひかりさん出演映画「愛のむきだし」に、サソリと名乗る人物が登場します。
今回のふたばの格好がそのサソリそっくりに似せていたため。クドカンさんの気の利いたオマージュですね。
そもそも「愛のむきだし」のサソリも「女囚さそり」が元ネタです。

スポンサーリンク

③ 「プレ裁判」



爆笑ヨーグルト姫事件の再審裁判に先立ちプレ裁判を開廷します!」とのふたばの声高な宣言。

再審請求には、姫が無罪であると証明する新たな証拠が必要。

そもそもしのぶが殺害を指示したとされる証拠の一つに、音声データがあります。

その音声データに関しては、しのぶ自身、酔っ払っていて記憶がないそう。

実行犯の誘い言葉のままに、殺害をほのめかす供述をしています。

当時を思い出させようと千夏は、殺害された元カノ・ユキのフリを演じます。

殺害当日のユキと板橋の会話を再現するうちに、板橋はだんだんと焦燥していきます。

これにより当日の二人の様子が明らかに。

完全に動揺している板橋ですが、頑なに罪は認めません。

証拠が出てこない限り認めないよ」と板橋。

そこへ登場したのは、リン!

タイへ戻っていたというリンが連れてきたのは、実行犯とされるプリンス!

重要参考人の登場に、事態は大きく変わるのでしょうか!?

これまで姿を見せなかったリンですが、ここにきて大手柄!
ようやくキャスト全員が揃いましたね!

リンちゃんの登場にネットでは喜びの声が!



しかも重要な役どころでしたね!
これで事件の真相に近づけそう!?

まとめ



第9話の放送は、散りばめられた伏線の見事な回収!
最終話を前に、これまでの話が一つに繋がりましたね!

先生の復讐計画への加担動機、娑婆に出たみんなが集まれた理由、そして復讐計画の全貌。

最後にリンも登場!重要参考人であるプリンスを連れての登場に、ネットでも喜びの声が多く見られました。

クドカンさんらしい遊び心溢れる小ネタも満載でしたね!

さて、いよいよ次回で最終回!

復讐計画は成功するのでしょうか!?

絶対に見逃せませんね!

← 監獄のお姫さま 第8話へ


『監獄のお姫さま』を無料で観る方法

『監獄のお姫さま』の放送終了後は、民放ポータルサイトのTverで1週間の期間限定で無料配信がされています。けれども、1週間を過ぎると無料配信は削除されてしまいます。

1週間以上たってしまって『監獄のお姫さま』を安全に、かつお得に観れるのはU-NEXTのビデオオンデマンドがオススメです!

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、新規に登録をすると動画視聴に使用できるポイントが600ポイントついてきます。

現在、『監獄のお姫さま』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらった600ポイントを使用すれば『監獄のお姫さま』を見逃した回を観ることが出来ます!

さらに無料お試し期間内でも、会員と同じくサービスを受けることが出来るので、見放題のドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題ができます!

また、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


『監獄のお姫さま』を無料で観る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※こちらで紹介した情報は2017年12月時点のものですので、現在は配信終了している場合もあります。詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!