奥様は、取り扱い注意9話から見る最終回の予想!西島秀俊は敵?

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の第9話が放送されましたね。

前回は国会議員の秘密を知ってしまった主婦友を追手の手から救った菜美。
菜美の生き方が問われた話でした。

そして優里と京子の抱える悩みがだんだんと表面化していった回でした。

↓第8話のおさらいはコチラ
⇒奥様は、取り扱い注意8話 西島秀俊の正体は?裏の顔が見えた!

さて、第9話では菜美たち3人の抱えている問題が本格的に浮き彫りになったお話でした。
最終回に向けての助走といった位置づけでしたね。

旦那の勇輝の正体とは?そして、優里と京子はそれぞれの問題にどう立ち振る舞っていくのでしょうか?

「奥様は、取り扱い注意」の第9話について、感想や考察をまとめましたので、ご覧ください。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

スポンサーリンク

「奥様は、取り扱い注意」第9話のあらすじ

菜美(綾瀬はるか)の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶った。横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったのだ。菜美は不吉な予感を抱くがその正体を掴むことはできず、真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまう。

そんな中、勇輝(西島秀俊)の突然の海外赴任の話に彼への疑惑を深めた菜美は、小雪(西尾まり)に調査を依頼。啓輔(石黒賢)との結婚生活に限界を感じた優里(広末涼子)は、安西(小関裕太)に安らぎを求めるようになっていく。

一方、渉(中尾明慶)の不倫疑惑と正面から向き合う決意をした京子(本田翼)は渉を尾行するが、同僚の女子とホテルに入っていく場面を目撃してしまい…!!

勇輝の指示に従い、菜美に偽の情報を伝える小雪。そんな小雪の言葉を受けて菜美は勇輝の海外赴任への同行を決めるが、菜美も勇輝も互いへの猜疑心と罪悪感でがんじがらめになっていく。

そして、夫への愛を再確認した京子と、彼女の言葉に心を動かされた優里はそれぞれ夫婦の関係をやり直そうとするのだが、彼女たちが思いもしない方向へと事態は発展していき…!?


第9話は最終回に向けて菜美たち3人の家庭の問題が深く洗い出された内容でした。

ネットの評判

第9話が放送されて、ネットではいろいろな意見が飛び交っていました。



来週で最終回となる「奥様は、取り扱い注意」。

視聴率もよくドラマの反響が良かっただけに、もう最終回なのっていう悲しみの声が多かったです。

そして視聴者を不満にさせたのは、西島秀俊さん演じる勇輝の正体の秘密を表に出すのが遅かったこと。

もっと西島秀俊さんの活躍が観たかったとの声が多く、ファンにとっては少し物足りなさを感じる設定のようでした。

普段は1話完結のストーリーで構成されているのですが、今回の話は第9話と最終回の2話構成。

最終回で問題を一気に解決させるみたいな流れなので、毎回見られていた綾瀬はるかさんのアクションシーンは今回はお預けです。

スポンサーリンク

「奥様は、取り扱い注意」第9話の見どころポイントは?



それでは最終回に向けて第9話の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「探偵・京子の勝負」
  • 見どころポイント②「罠にはまった優里」
  • 見どころポイント③「菜美と勇輝」

①「探偵・京子の勝負」



夫の浮気を確かめるために渉の仕事終わりの動向を尾行をする京子。

始めは探偵気分で面白がっていた京子ですが、浮気相手が現れ仲良く腕組みをした姿を見ると京子の心にも焦りが見え出します。

そして渉が浮気相手とホテルに入る姿を確認すると、京子はガックリと頭をたれて家路につくのでした。

次の日、京子は菜美と優里を呼び出し、いつものように菜美の家でランチ会。

そこで2人に夫が浮気をしていたことを告げます。

京子は渉とのなれ初めを話しだし、浮気は自分にも問題があるのかもと言います。そしてやはり渉が好きだから、渉と正面切ってぶつかってみると決意をします。

そしてその日の夜。いつものように遅くに帰ってきた渉に京子は「残業を止めて」(渉は残業と言い浮気をしていた)とお願いします。

しかし、その事に取り合わず席を立った渉の前に、渉の母が現れ席にもどるようにキツくうながします。

その光景に京子は驚きを隠せません。

そして「一家の主として”残業”が止められないのならこの家を出ていきなさい。それがこの家のしきたりだ」と告げ、主として責任を背負えるようになったら戻ってきなさいと渉を突き放します。

姑が自分の味方になってくれたことに驚く京子でしたが、渉がちゃんと戻ってくるかわからず、心配が続く京子でした。

このシーンにネットでは、助っ人に入った姑役を演じる銀粉蝶さんに拍手喝采だったのと、こんなにかわいい本田翼を嫁にもって浮気だなんて、何が不満なんだという怒りの声がでていましたね。

②「罠にはまった優里」



心の安らぎを求め、安西と会っていた優里でしたが、京子の夫婦感の話を聞いて安西との関係に区切りをつけようと気持ちを固めます。

しかし、別れを告げようと安西に会いますが、安西の猛プッシュに押し負かされてしまい、優里は安西と一線を越えてしまいます。

優里は自分のした後ろめたさから、再び安西に別れ話を切り出します。

しかし、そこに現れたのは主婦売春を取り仕切る横溝。

そして、優里と安西の犯した一部始終を収めた映像をネタに優里をゆするのでした。

絶対に黙ってはいない優里だと思いますが、このピンチをどう気に抜けていくのか気になるところですね。

主婦を利用する憎い横溝ですが、演じているのが玉山鉄二さんとあって、女性ファンの間では役は別として喜びの声で溢れていました。


横溝の手下に今人気の小関裕太さんが演じていることもあって、こちらも話題になっていますね。

スポンサーリンク

③「菜美と勇輝」



勇輝の素性に疑いをもった菜美は、昔の仲間の小雪に身辺調査の依頼をします。

そして、調査を終えた小雪は電話で菜美に特に不審な点はなかったと報告します。

しかし、小雪の横には勇輝がいたのです。

小雪と勇輝はつながっていました。それは勇輝が裏社会に通じているという証拠です。

勇輝は職場でも自宅の菜美の姿を隠しカメラで監視していたこともあり、どうやら菜美についての動向をうかがっているようです。

菜美に敵対しているとも思われる行動にネットでも驚きの声でにぎわっていました。


と勇輝が敵なのでは説があがってきましたが、私の予想では勇輝は菜美の素性を知る公安かなにかなのかと予想します。

菜美がある国の元特殊工作員だったという経歴から、菜美が何かしでかさないようにするための監視役というのが勇輝の任務なのかなと。

あくまでも予想ですが、その正体が判明する最終回が楽しみです。

奥様は、取り扱い注意の最終回の予想



第9話の冒頭で「最後のランチ会」と題名があがっていました。

このことから、もう3人の仲睦まじい関係は終わってしまうと予想してしまいますね。

心理的な面(3人の人間関係が崩れる)での関係が終わるとは予想しにくいので、「最後のランチ会」というのは物理的な面から会えなくなると考えられます。

例えば、勇輝にドイツ赴任の話があがっていたので、問題を解決した菜美が勇輝とともにこの町を離れる。

または問題解決にあたり優里と京子に素性を明かしたことで、町から去って行った。

なんて予想が沸いてきますね。

でもそうなると、「奥様は、取り扱い注意」の映画の発表があったのに、これでは映画に優里と京子の出演はないのではと想像してしまいます。

ドイツがメイン舞台の映画になっているのか?

単にランチ会をしないだけで、3人の友情も描かれる映画なのか?

なんにしても、最終回の落としどころで映画の展望も少しは見えてきそうです。

「奥様は、取り扱い注意」もいよいよ最終回。

一体どのような結末が待っているのでしょうか。見逃し厳禁ですね!

← 奥様は、取り扱い注意 第8話へ


『奥様は、取り扱い注意』を無料で観る方法

『奥様は、取り扱い注意』を安全に、かつお得に観られるのはHulu のビデオオンデマンドがオススメです!

Huluは現在、2週間の無料お試し期間を実施しています。

無料お試し期間内でも、会員と同じくサービスを受けることが出来るので、見逃したドラマや映画を無料で見放題することができます!

また、無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


『奥様は、取り扱い注意』を無料で観る方法

  • Huluの2週間無料キャンペーンに登録

※こちらで紹介した情報は2017年12月時点のものですので、現在は配信終了している場合もあります。詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!