陸王6話でタチバナラッセルのキム兄の裏切り画像

「陸王」第6話が放送されました!

前回の放送では、新商品ヒットの裏で、ピンチの局面を迎えていました。
しかしそのピンチも乗り越え、「こはぜ屋」は大きく前進しました。

そしていよいよニューイヤー駅伝当日、茂木が選んだのは”陸王”でした。
ついに”陸王”公式戦デビューです!

↓第5話のおさらいはコチラ
⇒陸王5話 銀行員の大橋がいいやつに!俳優・馬場徹の人気急上昇!

ところがこれによりアトランティス社を敵に回したことになります。

そんな第5話の視聴率は16.8%という結果。
自己最高記録を更新!拡大スペシャルの効果もあったかもしれませんね。

今週の放送では、ニューイヤー駅伝の勝敗が決まります。

そして敵となったアトランティス社が動きだす!?

最初から感動的なシーンが続きます!

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

スポンサーリンク

「陸王」第6話のあらすじ



いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。

決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。

同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?


ネットの声




今週は、初っ端から感動的でしたね!
チームのみんな一丸となっている姿、素晴らしかったですね!




城戸監督演じる音尾琢真さんに注目が集まっていました!
謎のセクシーお風呂シーンがありましたね!

スポンサーリンク

「陸王」第6話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「レースの勝敗」
  • 見どころポイント② 「デビューした陸王」
  • 見どころポイント③ 「アトランティス社の妨害と裏切り」

① 「レースの勝敗」



ニューイヤー駅伝がいよいよスタート!

序盤は好調にタスキをつなぐダイワ食品でしたが、4区を走るエースの立原の不調で、順位は下落。
先頭から大きく差をつけられてしまいます。
6区を走る茂木へタスキがつながれた時には、順位は8位。

”陸王”を履いた茂木の走り。
好調にスピードをあげ、ぐんぐんと他の選手を追い抜いていきます。

ライバル関係にある毛塚との対決は、冷静に状況を判断した茂木の勝利。
満を持して毛塚を抜かし、アンカーへとタスキをつなぎます。

タスキを受け取った平瀬は、このレースが選手として最後のレース。
満身創痍ゴールを目指します。

感動的なのは、平瀬のゴールシーン。
チームメンバーがゴールで待ち構え、走り抜けた彼と抱き合って涙を流します。

茂木の素晴らしい走り!今大会で、区間賞を受賞します。

茂木を応援する「こはぜ屋」チームの声援も熱かったですね!

チームのレース順位は2位という結果に終わりましたが、素晴らしいチームワークを見ることができました。

「こはぜ屋」の嬉しそうな顔と、一方の「アトランティス社」の悔しそうな顔が印象的でしたね。

このレースシーンには、多くのエキストラの方々が集まったようですね。
そのおかげで、迫力のあるシーンに仕上がっていました!

② 「デビューした陸王」



いよいよ”陸王”が一般発売されることになりました!

店頭に並べられる”陸王”、手に取る人はいるものの、なかなか購入には至らない様子。

一般流通デビューした“陸王”は、売れ行きが芳しくありません。

その一方で、村野からの紹介で、”陸王”を履いてみたいと申し出る選手が数名出てきました。

売れ行き不調に落ち込む宮沢でしたが、大地の言葉で自身を振るい立たせます。

今やらないで、いつやるんだよ!

“陸王”を履きたいと申し出た選手たちを全力でサポートする!と決断しました。

この決断は、さらに経費がかさむことになります。
それでも”陸王”を履いて活躍する選手たちが、これからの「こはぜ屋」を大きくしてくれると信じての決断です。

いざ発売されても、すぐに結果が出るとは限りませんよね。
それでも「こはぜ屋」の皆は成功を信じて、前を向いています。

スポンサーリンク

③ 「アトランティス社の妨害と裏切り」




ところがそんな「こはぜ屋」の前に立ちはだかるのは、アトランティス社。

茂木の一件で完全に敵に回ったアトランティス社は「こはぜ屋」への妨害に入るのです。

それは”陸王”のアッパー部分に使用されている素材を作っているタチバナラッセルへの圧力。

アトランティス社の小原はキム兄こと木村祐一さんが演じる橘社長を接待し、タチバナラッセルが特許を持つアッパー部の素材を狙ってきたのです。

アトランティス社はタチバナラッセルと契約を結び、「こはぜ屋」との契約を切るよう圧力をかけてきたのです。

創業以来、タチバナラッセルの売り上げはあまり伸びておらず、アトランティス社との契約は喉から手が出るほど欲しい契約です。

しかし、その契約は「こはぜ屋」への裏切りを意味します。

悩む橘社長でしたが、社員の生活のためアトランティス社との契約を進めてしまいます。

その結果、「こはぜ屋」とは3月までの契約となってしまったのです。

当然抗議する宮沢でしたが、同じ零細企業であるタチバナラッセルの立場も理解できます。

そのタチバナラッセルへ出向いていた際、アトランティス社の社員と遭遇します。

嫌味に話しかけてくるアトランティス社・小原に対し、タチバナラッセルをよろしくお願いしますと頭を下げるのです。

必ずタチバナさんに代わる素材を見つけて、また陸王を作ります!世界一の陸王を作りますから!

そう宣戦布告して、その場を立ち去りました。

その父親の背中に向かって大地は「俺が探すよ」と声を掛けます。
タチバナラッセルに代わるアッパー素材を探すと言ってくれた大地の言葉に涙を滲ませます。

このシーンについて、ネットでは大きな反響がありました。




姑息な手段を使うアトランティス社に苛立ちの意見が多く見られました。

そんなアトランティス社に対しても、礼儀を通す宮沢。
その父親の姿から、大地も多くのことを学んでいるのでしょうね。

大地を演じる山﨑賢人さんの演技も磨きがかかってきました!

また、裏切りとも言えることをしたタチバナラッセルのことを頭をさげてお願いした宮沢に対して、橘社長は涙を流しながら去っていく宮沢の背中に向かって深く頭を下げる姿が印象的でした。

礼儀にうるさいと言われるキム兄の姿勢が演技でも光ってましたね。

まとめ



第6話では、ニューイヤー駅伝での茂木の素晴らしい活躍と、アンカーの平瀬の最後の走り。
初っ端から感動的でしたね。

そしてついに一般発売された”陸王”でしたが、売上は芳しくない様子。
一方で”陸王”を履いてみたいと数名の選手が名乗り出てくれたことは「こはぜ屋」にとってチャンスですね。

アトランティス社の姑息な妨害により、アッパー部分に使用しているタチバナラッセルの素材は使えなくなる事態へ。
それでも、代わりになる素材を俺が見つける!と大地は力強く言ってくれました。

さて、来週の放送では、まさかの松岡修造さんが登場!?
とっても「熱い」あの人は、演技も「熱い」のでしょうか?

来週の放送も楽しみですね!

← 陸王 第5話へ


『陸王』を無料で観る方法

『陸王』の放送終了後は、民放ポータルサイトのTverで1週間の期間限定で無料配信がされています。
(注:1週間を過ぎてしまうと無料配信は削除されてしまいます)

1週間以上たってしまって『陸王』を安全に、かつお得に観れるのはU-NEXTのビデオオンデマンドがオススメです!

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、新規に登録をすると動画視聴に使用できるポイントが600ポイントついてきます。

現在、『陸王』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらった600ポイントを使用すれば『陸王』を見逃した回を観ることが出来ます!

さらに無料お試し期間内でも、会員と同じくサービスを受けることが出来るので、見放題のドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題することができます!

また、無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


『陸王』を無料で観る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※こちらで紹介した情報は2017年12月時点のものですので、現在は配信終了している場合もあります。詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!