「陸王」第3話が放送されました!

前回の放送では”シルクレイ”の開発者である飯山がランニングシューズ開発のチーム加わりました。

そして、ついに茂木が”陸王”に足を入れました!
“陸王”を履いてランニングしている時の茂木の表情、晴れやかでしたね。

そんな第2話の視聴率は14.0%という結果。
自己最高記録を更新しました!

↓第2話のおさらいはコチラ
⇒「陸王」第2話 竹内涼真の演技に感涙!”陸王”を手にした茂木
今週の放送では、商品化に向けて”シルクレイ”のサンプル作りに奮闘する姿が描かれています。

一方で宮沢は、茂木に直接会える機会が!

果たして”シルクレイ”を使ったソール作りに進展は見られるのでしょうか?

今回は山崎賢人さんがいい味だしてますよ~!

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

「陸王」第3話のあらすじ



宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。

飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。

しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。



なんと鳥居みゆきさんが高校教師役として出演されていました!

普段のキャラクターとは違った役柄で、その演技力に驚きです!

しかも、今回の撮影が行われた高校は、鳥居みゆきさんの母校の高校なんだとか。信じられない偶然ですよね。

母校の高校に帰ったのは約20年ぶりということで、鳥居さんからもこんなコメントが寄せられていました。

【鳥居みゆきさんのコメント】

どうも行田市観光大使、鳥居みゆきです。育ったのがずっと行田市なので、観光大使をさせていただいています。

私がずっと通っていた母校に、こういった形で戻ってくるとは思いませんでした。びっくりしましたが、うれしいです。久しぶりのドラマ出演で、緊張からずっとトイレを我慢していたので、眉間にしわが寄っていないか心配です。緊張しちゃって脇汗たくさんかいたので、それが映らないように受話器をとるのが大変でした~(笑)。

看板女優として、頑張ります! 行田はすごくいいところなので、『陸王』とともに盛り上がっていけたらいいなと思っています。

ネットの声





今週も胸が熱くなったとの感想が多く見られますね。

やはり役者さんの演技力あっての感動なのかもしれませんね。

今週は、大地役を演じる山崎賢人さんがメインとも言える回でした。

スポンサーリンク

「陸王」第3話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「シルクレイの改良」
  • 見どころポイント② 「試行錯誤の末」
  • 見どころポイント③ 「茂木との初対面」

① 「シルクレイの改良」



動き出した”シルクレイ”を使ったソール作り。

しかし従来のものでは、ランニングシューズのソールとしては不適切。

ランニングシューズのソールに最適な硬度は55~60度ほど。

まずは硬さをコントロールする方法を見つけなくてはなりません。

そのためには、ある程度の期間が必要だと飯山は言います。

そしてこの”シルクレイ”改良を手伝う飯山の助手として、大地が抜擢されます。

大地は就職活動の傍ら、”シルクレイ”改良に向けて奮闘することになります。

父親から、助手として”シルクレイ”の開発やってみるか?と言われた時の大地の表情。
なんだか嬉しそうでしたね。

親父にとって不安材料でしかない」とぼやいていた大地にとっては、自分が父親から頼りにされたようで嬉しかったのかもしれませんね。

② 「試行錯誤の末」



しかし”シルクレイ”の硬度改良は、なかなか思うように進みませんでした。

調整に調整を重ね、何度もトライしてみますが、ランニングシューズに適した硬度には近づけません。

次第に肉体的にも精神的にも追い詰められていく飯山と大地。

そんな時、あるヒントがもたらされます。

ヒントは、差し入れとして持ち込まれたコーヒー。

コーヒーは温度によって風味が変わるという話を聞き、ひらめいた飯山。

「繭を煮る温度が鍵」

そのことに気付いた飯山は、温度を調節することに。

こうして試行錯誤した結果、出来上がったのは、ランニングシューズのソールに最適な硬度をもった”シルクレイ”
ようやく理想的な硬度のソールが出来上がったのです!

従業員一同、この出来上がりを固唾を飲んで見守るシーンは感動的でしたね。

ネット上でも反響が高かったです。



原作では大きく取り上げられていなかったシーンのようですが、ドラマでは上手く演出されていたのですね。

面接と掛け持ちながらシルクレイの開発に挑んでいた大地。深夜までの作業に浸かれて寝坊してしまい、面接に遅れてしまうというミスをしてしまいますが、開発の成功で報われたって感じですね。

悩む姿や喜びの表情。山崎賢人さんの演技に胸を打たれた人も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

③ 「茂木との初対面」



茂木が”陸王”を履いていると聞きつけた宮沢は、茂木の元へと向かいます。

しかしその時、茂木の足元には”陸王”とは別のランニングシューズが。

トレーニング終わりの茂木を呼び止め、ついに宮沢と茂木との初対面。

「どこがいけなかったんでしょうか?」との宮沢の問いに、茂木は「悪くない」と即答。

しかし問題はソールにあるとのこと。

「矯正用として練習で履くならともかく、レース用では厳しい。」

「こはぜ屋」が抱える問題点を的確に指摘。

「コンセプトには自信があります!」そう告げる宮沢。

「軽さと履き心地、そして怪我をしにくいランニングシューズ、それが”陸王”です!」

私たちにあなたのサポートをさせてください!

まっすぐに見つめる宮沢、それに答えた茂木の言葉とは。

本当にそんなシューズができるなら、履いてみたいですね

宮沢社長の熱意に触れて、茂木が良い表情をしていましたね!

しかし“陸王”の存在は気になっているものの、まだその性能に関しては疑問を抱いている様子ですね。

まとめ



第3話では”シルクレイ”を使ったソール作りに挑む姿が描かれていました。

飯山と大地の試行錯誤の末、ランニングシューズのソールに最適な硬度の”シルクレイ”が完成しました!

やはり大地が”シルクレイ”開発に携わるようになったことが今回重要となる出来事でしたね。

そして、ついに宮沢と茂木との初対面!

宮沢の熱い思いを茂木に直接伝えることができました。

茂木に”陸王”を履いてレースに出てもらえる日は来るのでしょうか?

次週も見逃せませんね!

← 陸王 第2話へ


『陸王』を無料で観る方法

『陸王』の放送終了後は、民放ポータルサイトのTverで1週間の期間限定で無料配信がされています。
(注:1週間を過ぎてしまうと無料配信は削除されてしまいます)

1週間以上たってしまって『陸王』を安全に、かつお得に観れるのはU-NEXTのビデオオンデマンドがオススメです!

U-NEXTは31日間の無料お試し期間があり、新規に登録をすると動画視聴に使用できるポイントが600ポイントついてきます。

現在、『陸王』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらった600ポイントを使用すれば『陸王』を見逃した回を観ることが出来ます!

さらに無料お試し期間内でも、会員と同じくサービスを受けることが出来るので、見放題のドラマや映画、雑誌などが無料で読み放題することができます!

また、無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


『陸王』を無料で観る方法

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

※こちらで紹介した情報は2017年12月時点のものですので、現在は配信終了している場合もあります。詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!