ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の第3話が放送されましたね。

前回は秘密の過去を持つ主婦にたかろうとする悪質な男たちに、正義の鉄拳を喰らわせる菜美(綾瀬はるか)。観ていてとてもスカッとした内容でした。

↓第2話のおさらいはコチラ
⇒「奥様は取り扱い注意」2話 綾瀬はるかが孫の手でおっさんしばく

さて、第3話では近隣のママ友問題に首を突っ込んだ菜美が平和的(?)に問題を解決していくという話。

今回も相変わらず菜美のバトルは健在です。

そして、ママ友問題に取り組むことで菜美に思わぬ嬉しいことがおこりました。

「奥様は、取り扱い注意」の第3話について、感想や考察をまとめましたので、ご覧ください。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

スポンサーリンク

「奥様は、取り扱い注意」第3話のあらすじ

ある日、カツアゲの現場を通りかかった菜美(綾瀬はるか)は、いつものようにコッソリ事件を解決。しかし、居合わせた主婦・理沙(小野ゆり子)にその様子を動画で撮影されてしまう。菜美がタダ者でないことを確信した理沙は数日後、動画を手に菜美の前に現れ幼稚園のママ友からいじめを受けていることを告白。元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木さやか)に立ち向かう“強さ”を手に入れるために、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込む。

働きに出たいという願いを夫から瞬殺されてしまった優里(広末涼子)。毎日帰りが遅い夫への不信感と、姑の嫌味にキレそうになる京子(本田翼)。2人が不満を募らせる中、菜美は貴子が仕切っている公園の偵察へ。貴子のやり方に反感を抱き、勇輝(西島秀俊)からも「力になってあげたら」と助言を受けた菜美は、“ケンカをしないこと”を条件に理沙とトレーニングを開始することになった。

菜美のスパルタな指導によって、少しずつ体と心の強さと柔軟さを手に入れていく理沙。「ストレス発散にピッタリ!」とトレーニングに参加することになった優里と京子のお陰で賑やかさを増した“レッスン”には、いつしか貴子の取り巻きたちも加わり始め、貴子は孤独感を増してついには・・・。


第3話のストーリーはママ友問題

ママ以外でも会社や学校での人間関係に悩む人は多いと思います。

私たちがかかわる集団は、傍から見れば小さく、悩んでいるなら離れればいいと簡単に言えますが、それが生活の中心で関わりをもたなければならないとなると、中々抜けられないのが常だと思います。

そんな誰にでも起こり得る問題に菜美が解決に挑みますよ!


ネットの評判

第3話が放送されて、ネットでもいろいろな意見が飛び交っていました。


相変わらずの面白さという意見の声がとても多かったです。

これまでの放送を経て、観るつもりもなかった人が「奥様は、取り扱い注意」の虜になってしまっている人もいるみたいですね。

なぜ視聴者を虜にしてしまうのかは、上記の声でもあるように、問題の解決を水戸黄門のように正義が悪人をやっつけるという、昔からの王道パターンがドラマの要素にあるからなのかもしれません。

単純明快な解決パターンを現代の問題と絡めることで、私たちにとって身近に感じれて、気分もスッキリ爽快にしてしまうところに「奥様は、取り扱い注意」の面白さの秘訣が隠されているのではないでしょうか。

ということで、今回も水戸黄門パターンが待ってますよ~

下の見どころでも紹介しますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

「奥様は、取り扱い注意」第3話の見どころポイントは?




ここからは第3話の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「容赦のないお仕置きタイム」
  • 見どころポイント②「弱い自分を乗り越える」
  • 見どころポイント③「菜美の思わぬご褒美」

①「容赦のないお仕置きタイム」

#奥様は取り扱い注意 #こんや10時第2話放送 #放送まであと1時間30分 #イケメンはるか #アクション練習 #トリチュー #綾瀬はるか

奥様は、取り扱い注意【公式】さん(@okusama_ntv)がシェアした投稿 –



まず始めのお仕置きタイムは菜美がカツアゲの現場に遭遇するところです。

1人の中学生(たぶん)が3人の高校生(たぶん)に絡まれているところに菜美が止めに入ります。

一人の高校生がおばさんは引っ込んでろと言うものだから、菜美の正義の心に火をつけてしまいます。

いつものようにブルースリーの手招きでカツアゲ犯を挑発する菜美。

そのしぐさに苛立ちを覚えたカツアゲ犯は菜美に殴りかかります。が、菜美は容赦なくカツアゲ犯をバッタバッタと倒していきます。

関節を決めたり、足払いをした後に上空から胸めがけて蹴りを降ろしたり。

今回も徹底的な技を見せてくれました。

相手は未成年なんですけどね(汗)


②「弱い自分を乗り越える」



理沙からママ友からのいじめを乗り越えるためにケンカの作法を教えてほしいと頼まれた菜美。

理沙が本当に身につけたいものはケンカの作法を通じて、自分の弱い心に立ち向かう強さを手に入れたいという思いでした。

その考えに理解をしめした菜美は理沙を特訓することにします。

最初は特訓のキツさから弱音を吐く理沙でしたが、徐々に体も慣れて心にも自信を持ち出します。

道すがらでママ友軍団に出くわしても、自分から挨拶をして(良くできた!)と自分を励ます姿は微笑ましくなります。

そんな変わっていく理沙の姿に快く思わない貴子は、いじめをエスカレートさせようとします。

しかし、ママ友軍団のメンバーたちは自分の子どもたちから誇られる親でありたいという想いから、貴子のもとから離れていきます。

一人ぼっちになった貴子は悔しさから暴走してしまい、自転車に乗った理沙を突き飛ばし大けがをさせてしまうのでした。

しかし理沙は警察には通報せず周りには転んだと説明するのですが、菜美は貴子がやったんじゃないと理沙にやさしく問います。

おおごとにしたくないからと言う理沙ですが、心では悔しくて菜美の前で涙を流します。

このシーンを観て理沙の心の強さにジーンときた人は多いのではないでしょうか。

ケンカの手段は使わず、あくまでも自分の心の強さを貫いた理沙の姿に拍手ですね!

③「菜美の思わぬご褒美」

理沙と特訓をしだしてから勇輝は菜美の変化に気が付きます。

菜美の体つきが引き締まっていることに!

料理中の菜美の後ろに回り腰に手を当てる勇輝。

「やっぱり引き締まっている」とささやき、手を前に回して菜美をバックハグ

「夕食は後にしない」と言われた菜美は振り返り、そのまま勇輝と熱い口づけを交わすのでした。

この西島秀俊さんのバックハグにネット上では荒れに荒れていましたね。



と紹介しきれないくらい、いろんな感想が飛び交っていました(笑)

憧れの西島秀俊さんのバックハグ。ファンにはたまらないシチュエーションですね。

今回は菜美から仕掛けるのではなく、特訓が生み出した産物によって二人の仲が深まるのでした!

まとめ



第3話ではママ友問題から過激なアクションシーンはそんなにありませんでしたが、結末はホームドラマならではの温かい内容でしたね。

今回も、優里と京子の夫婦の問題が少しづつ浮かび上がってきたので、今後の展開が気になりますね。後半は彼女たちの問題が深堀されるのでしょうか。

さて、次回の第4話は荒れそうな内容です!宣伝にも”誘拐”とあるので激しいアクションシーンが期待できそう。

ハラハラドキドキの回になりそうですね。

菜美の昔を知る仲間も登場するようで、菜美の過去についても深堀されそうです。

次回の「奥様は、取り扱い注意」が楽しみですね!

← 奥様は、取り扱い注意 第2話へ


『奥様は、取り扱い注意』を無料で観る方法

『奥様は、取り扱い注意』を安全に、かつお得に観られるのはHulu のビデオオンデマンドがオススメです!

Huluは現在、2週間の無料お試し期間を実施しています。

無料お試し期間内でも、会員と同じくサービスを受けることが出来るので、見逃したドラマや映画を無料で見放題することができます!

また、無料期間内に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


『奥様は、取り扱い注意』を無料で観る方法

  • Huluの2週間無料キャンペーンに登録

※こちらで紹介した情報は2017年12月時点のものですので、現在は配信終了している場合もあります。詳しくは公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!