ドラマ「コウノドリ2」の第1話が放送されましたね。

前シーズンが好評で続編の放送が待たれていた「コウノドリ」。あれから2年後の設定でついに放送開始です!

配役も変わることなくおなじみのキャストたちが熱演をしています。

また冒頭では前シーズンで絡んでいた登場人物も出演していて、なつかしく思った視聴者もいたのではないでしょうか。

さて、第1話ではサクラ(綾野剛)が離島に手伝いをしに行っているシーンから始まります。

早々にハラハラする治療シーンと感動が待っていました。

そして見どころは出産シーンに出てくる赤ちゃん清塚信也さんの登場シーンです。

さて、いったいどこで出演しているのでしょうか?

「コウノドリ2」の第1話について、感想や考察をまとめましたので、ご覧ください。

(※ 記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね)

スポンサーリンク

「コウノドリ2」第1話のあらすじ

あれから時が経ち、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)はかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院へ行く。
島の人たちと近い距離で向き合う荻島の姿を見てサクラはあることを思う。

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いている。
離島から帰ってきたサクラは助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察する。
夫の健治も付き添いで来ていたが、健治も耳が聞こえない。医療用語は手話や口唇術では伝えるのか難しいため、ホワイトボートを使い筆談で伝えることに。

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察する。予定通りに生まれるのか聞いてくる彩加に耳を貸さず、丹念にエコーをかける四宮。

診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。激しく動揺する彩加に周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝える。彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。2つの不安に挟まれてしまう。

さらにマナも出産を前に、サクラにある不安を打ち明ける…。


離島にいる恩師を訪ねていたサクラ。

冒頭から早速、出産に問題を抱える妊婦たちの治療にあたります。

しかし、産まれてきた赤ちゃんが鳴き声をあげず、「ガンバレ!ガンバレ!」と必死に処置をするサクラの姿に手に汗を握ってしまいました。

無事に赤ちゃんが鳴き声をあげたときには、ホッ胸をなでおろしてしまいましたね。

また、盛り上がるバックミュージックが良くて、さらに感動で目に涙を浮かべてしまった方もいたのではないでしょうか。

まだオープニングの段階なのに、こんなに感動してしまって、この先どうなってしまうの?!っていうくらい期待に胸が高鳴ってしまいました。

ネットの評判

第1話が放送されて、早速ネットでもいろいろな感想の声があがっていました。



コウノドリの新シリーズに、みなさん歓喜の声で溢れていました。

キャストの姿に懐かしむ人やドラマのオープニングシーンを観てコウノドリが帰ってきたんだって思う人。

子供を持たれている人は、物語が自分のことのように思えて、特に共感されているなとコメントを見て思いました。

「コウノドリ」がみなさんにどれだけ愛されているのかわかりますね~

スポンサーリンク

「コウノドリ2」第1話の見どころポイントは?




ここからは第1話の見どころについてご紹介していきたいと思います。

  • 見どころポイント①「痛烈な四宮の言葉」
  • 見どころポイント②「マネージャーはあの人?」
  • 見どころポイント③「赤ちゃんは本物」

①「痛烈な四宮の言葉」

赤ちゃんが心室中隔欠損だと知った彩加は今後の事を考え不安になってしまいます。

そんな中で退院を告げられ、益々不安に陥ってしまう彩加。

そのとき横にいた旦那(ナオト・インティライミ)が彩加に「大丈夫、俺も手伝うから」と励ますのですが、その言葉を聞いた四宮は旦那にガツンと言い放ちます。

「何言ってるんだ。

手伝うじゃないだろ。

アンタの子供だよ。」

その言葉を聞いた旦那は黙りこくってしまうのでした。

このシーンにネットでは「よく言った!」と四宮に多くの賞賛の声があがっていました。



賞賛の声を上げたのは、子供を抱えるお母さんたちの声でした。

夫婦で今回のコウノドリを観ていて、奥さんの方は四宮の言葉に「そうそう!」と頷いていたようですが、一方の旦那さんといえば四宮が何をいっているのかわからないという状況の方もいたようですね。

まだまだ、子育ては奥さんの仕事という意識が強く残っているのでしょうね。

そんなつもりは無いにしても、心のどこかで奥さんに任せてしまっているという世間の旦那の感覚を一刀両断するシーンでした。


②「マネージャーはあの人?」

第1話でBABY(サクラ)がライブ演奏をするシーンがありました。

控室に控えていたサクラに出番の声をかけたのが、なんとコウノドリの音楽やピアノテーマを担当されているピアニストの清塚信也さんでした。



ドラマの中で清塚さんが登場とあって、ファンの人たちも喜んでいました。



BABYのマネージャーは清塚信也さんだったんですね~

清塚さんは今回の「コウノドリ」の音楽を作るにあたり、実際の産婦人科を取材されて命の誕生のイメージを膨らませたそうです。

産婦人科の取材の終わりには、周りのスタッフや出産を控えているお母さんたちを交えて、その場でミニ演奏会を開いてくれました。

やさしく奏でる清塚さんのピアノを聞いて、お母さんたちは感動で涙をこぼしていました。

そして出来上がった「コウノドリ」の新メインテーマはこちらになります。


ほんとに心に染み入るピアノ演奏ですね。


③「赤ちゃんは本物」

よく医療ドラマでみられるのは、手術シーンで作り物を使ってシーンを撮影されているというもの。

赤ちゃんが登場するシーンも同様で人形の場合が多々ありますよね。せっかくドラマに入り込んでいたのに人形だとわかった瞬間、現実にもどされて気分も冷めてしまうのは私だけではないと思います。

しかし、「コウノドリ」では実際に産まれたばかりの赤ちゃんをお借りして撮影されています。

このリアルな映像があることで、ドラマの迫力が視聴者に見事に伝わります。

産まれたばかりの赤ちゃんはデリケートなので、撮影は赤ちゃんにとってかなりのストレスになると思います。

もちろん、スタッフの方々もその辺のことは十分注意されています。

そして撮影に協力してくださった、親の方にはホントに感謝のキモチで一杯ですね。



本物の赤ちゃんでなければ、これだけの感動の映像はできないでしょう。

改めてスタッフと親御さんに感謝ですね!

まとめ



出産をあつかうドラマ「コウノドリ」。

当たり前のように赤ちゃんと接している私たちですが、赤ちゃんが無事に産まれてくるのには様々な人たちの手助けがあって成り立っているものだと、改めて知ることができました。

そしてどんな状況でも赤ちゃんに産まれてきてほしいという親の心をみた今回の第1話は、赤ちゃんの存在の大きさってスゴイものなのだと感じました。

第1話から出産の問題に切り込む「コウノドリ」は、これから子供を持とうとする夫婦にはバイブルとなり、子供を持つ親には子の存在の尊さを振り返られるドラマだと思いました。

第2話でも私たちが知りにくい出産の問題について切り込んでいます。

サクラたちの活躍、またお母さんの闘いを応援して観ましょう!

次回も楽しみですね!

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!