新ドラマ「僕たちがやりました」に出演される間宮祥太朗さん。

最近、その間宮祥太朗さんの演技が上手いとネット上で評判になっているのをご存知でしょうか。

いったいどうして間宮祥太朗さんの演技が話題となっているのか調べてみると、そこには間宮祥太朗さんの幼少からの想いと気概が関係していたようです。

プロフィール

まずは、間宮祥太朗さんのプロフィールから見ていきましょう。

本名: 馬渡祥太朗(まわたり しょうたろう)

生年月日: 1993年6月11日

出生地: 神奈川県横浜市

身長: 179cm

血液型: O型

事務所: トライストーン・エンタテイメント


間宮祥太朗さんは中学生の頃からモデルとして活躍していて、雑誌「Hanachu」では男子中学生の読者モデル「男チュー」として「スマイル王子」と呼ばれるほどの人気者に。

面白いのは読者モデルをやっていた理由が”図書カードがもらえるから”との理由でやっていたそうです。

子供のころから映画のお仕事に関わりたいと思っていたそうで、小学生のときには一週間に一本の映画を観るくらい映画が好きだったそうです。

2008年に初の主演としてドラマ「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」で俳優デビューして以来、多くの作品に出演されています。

主な出演作品

  • 3年B組金八先生ファイナル
  • 花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011
  • 山田くんと7人の魔女
  • 金田一少年の事件簿N
  • 信長協奏曲
  • 銀河英雄伝説
  • 水球ヤンキース
  • 素敵な選TAXI
  • 信長協奏曲
  • ライチ☆光クラブ
  • 帝一の國

スポンサーリンク

演技力について

これまで多くの作品に出演されている間宮祥太朗さんですが、ネット上ではその演技力のすごさに一時期、上手いと絶賛の声があがっていました。

一部ネット上であがっていた声を紹介します。

ネットの声


ネットの声でもわかるように、イケメンの顔とは思えないくらい全力で顔面崩壊の演技をしていたことが絶賛されているようですね。

映画「帝一の國」では間宮祥太朗さんの演技魂を感じる役柄でした。

この他にも間宮祥太朗さん演じる舞台「銀河英雄伝説」で見せた演技がかなりの好評価だったようです。

主人公のラインハルトは若いながらも銀河帝国の皇帝となる人物なのですが、年下とは思わせないくらいの堂々とした威厳から、年上の人であってもその魅力にひかれてしまうというキャラクター。

間宮祥太朗さんは金髪の髪をなびかせ、堂々と演じきっていました。

また「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』では坊主姿になって周囲を驚かせています。

ライチ☆光クラブ」では映像作品では官能的なBL(ボーイズラブ)のシーンにも挑み、その積極性が役者としての幅を広げることになったのでしょうね。

これまで述べてように間宮祥太朗さんは、さまざまな役に挑戦し、まったく違う役柄をこなしています。ビジュアルも含めて(笑)

この視聴者の予想を超えて表現した間宮祥太朗さんの迫真の演技力が「演技が上手い!」という評判につながったのだと思います!

スポンサーリンク

新ドラマ「僕たちがやりました」の役柄



伊佐美翔 役

間宮祥太朗さん演じる伊佐美翔は、主人公の凡下(ぼけ)高校2年生の増渕トビオ(窪田正孝)と同級生の遊び仲間4人組の一人。

伊佐は新しい彼女・新里今宵(川栄李奈)ができて浮かれている、今どきの高校生役で出演します。

↓この予告動画でも間宮祥太朗さんの髪型が突拍子のないものになっていて、今回のドラマでも何かを起こしそうな気にさせてくれます。



ユニット「DISH//と凡下高がやりました」

またこの遊び仲間4人組が、ドラマの主題歌を務める「DISH//」とユニットを組んで「DISH//と凡下高がやりました」を結成したことでも話題となっています。

↓さすがモデルだけあってPVでも様になってますね~

まとめ

間宮祥太朗さんは、このところ立て続けに話題作に出演されていて、映画やドラマでも引っ張りだこ。

そのたびに間宮祥太朗さんは作品ごとで全く違うキャラを演じ、視聴者の度肝を抜かせてくれています!

それは、間宮祥太朗さんの演技力や表現力が高く、世間もそのことを認めているからこそ、今の活躍の場があるのだと思います。

7月から始まるドラマ「僕たちがやりました」では、どんな顔を見せてくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク