7月から新たに始まる連続ドラマ「さぼリーマン甘太郎」で初主演を務められる尾上松也さん。

尾上松也さんといえば、歌舞伎役者さんとして有名ですよね。

歌舞伎役者さんがドラマの主演?と思われそうですが、実は尾上さん、これまでにも多数ドラマや映画に出演されています。

今回は、歌舞伎役者としての枠に留まらず、テレビドラマや映画で見せてくれる、尾上松也さんの魅力をお伝えしたいと思います。調べてみると意外な魅力も見つかりました!

プロフィール


まずは、尾上松也さんのプロフィールからご紹介します。


二代目 尾上松也

屋号:  音羽屋
定紋:  抱き若松
生年月日:1985年1月30日
本名:  井上 龍一
出身地: 東京都中央区

引用元:ウィキペディアより抜粋

20歳の時にお父様である尾上松助さんを亡くされ、そこから家と弟子を抱え、苦労された過去があるそうです。
多額の借金を背負って、それでもなお、家と弟子を守り続けてきたのだそうです。

尾上松也さんの名前が一般的に知られるようになったのは、元AKB48の前田敦子さんとの熱愛報道ではないでしょうか。
ちょうどその時期、バラエティ番組への出演も増え、その名を知られるようになりました。

それでは、これまで出演されたテレビドラマや映画の出演作を見てみましょう。

出演作品


【テレビドラマ】

  • NHK大河ドラマ
  • 八代将軍吉宗
  • 葵 徳川三代
  • 天地人
  • おんな城主 直虎
  • 嫌われ松子の一生
  • おシャシャのシャン!
  • 新春ワイド時代劇寧々〜おんな太閤記
  • ぴんとこな
  • ウロボロス〜この愛こそ、正義。
  • 永遠の0
  • 名探偵キャサリン
  • 大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語
  • 早子先生、結婚するって本当ですか?
  • ヒポクラテスの誓い

【映画】

  • シベリア超特急2
  • 源氏物語 千年の謎
  • NEWシネマ歌舞伎第22弾 三人吉三

【劇場アニメ】

  • モアナと伝説の海 日本語吹替版:マウイ 役

ジャンル問わず、多数出演されていますね。

「モアナと伝説の海」で声優のお仕事をされた以外にも、番組のナビゲーターのお仕事などもされています。
やはり歌舞伎役者さんとあって、良い声をしていらっしゃるのですね。

歌舞伎役者さんとしての評判は揺るぎないものかと思いますが、テレビドラマや映画、声優としての評判は、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

演技の評判 上手いor下手?






ネット上の声を集めてみると演技が上手いとの声ばかりが聞かれました。

中でも、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」で演じる今川氏真役の演技が好評のようで、そうそうたる出演者の中でも、その存在感を発揮しています。

また、意外なことに「モアナと伝説の海」で声優を演じたマウイ役の演技を絶賛する声が多く見られます。
劇中で披露される歌声も素晴らしいとの意見が多いです。

ミュージカルに出演されたこともあり、その歌声には確かな実力が備わっているのでしょう。

マルチな才能を発揮


歌舞伎役者としての活躍以外にも、マルチにその才能を発揮している尾上松也さん。

ネット上で尾上松也さんの演技が上手いと才能を絶賛する声は多く見られますが、共演者の方々も彼を評価する声が多く見られます。

「おんな城主 直虎」で共演、今川義元役の春風亭昇太さんのインタビュー記事抜粋

-息子の今川氏真を演じる尾上松也さんは?

松也くんがきれいなんですよ。一緒にいる時に思わず「松也くん、きれいだね!」って言いましたから(笑)。

やっぱり華がありますよね。そんな部分が役にうまく反映して、とてもいい氏真になるのではないでしょうか。


劇団四季「アラジン」ジーニー役 瀧山久志さん 対談記事抜粋

松也さんは英雄のような面と陽気な雰囲気をもともと持ち合わしてらっしゃると思う。

素晴らしいマウイ像ができあがっており、鑑賞中は物語にどんどん引きずりこまれていきました。

歌も見事にこなされて、新たなディズニーのベーシックを作られたんじゃないかなと思います。


共演者の方や同じ役者さんから評価を得ているというのは、素晴らしいことですね。

「直虎」では、役柄の上で着物を纏うことになります。

歌舞伎役者さんだからこそ、その着物さばきが洗練されていると好評。

ご自分でも、インタビューの中でこのように話されていました。

僕にとっては日常的なことなので、自分ではあまり意識していませんが、確かに着物のさばき方で苦労したことはありません。

先日、リハーサルで僕が書状をパッと開いて読む場面を演じたところ、それを見ていたムロツヨシさんが、「すごくきれいだった!」と喜んでくださったことがあります。

僕としては、今までのお芝居で慣れたことなので、何げなくやっただけなのですが、ムロさんはそれがうまくできなくて苦労していたそうです。

でも、そう言われると逆に意識してしまい、その後のリハーサルでは失敗してしまいました(笑)。


歌舞伎で培われた経験が他のお仕事でも活かされているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

さぼリーマン甘太郎について


さて、ここで注目の主演を務めるドラマ「さぼリーマン甘太郎」の役柄についてご紹介します。



あらすじ


松也が演じる飴谷甘太朗(あめたにかんたろう)は吉朝出版で営業マンとして勤務する独身のメガネイケメン。

仕事を完璧にこなし周囲の信頼も厚いが、彼にはひた隠しにする“ある秘密”があった。

それは「仕事をサボってスイーツを食べること」。

甘太朗は今日も手早く外回り営業を終わらせて、背徳的な甘味の園へと向かうのだった…。


老舗の甘味処から知られざる名店まで、甘太朗がスイーツを堪能するのはすべて実在する店。

また、ハイスピードカメラを多用した映像の数々や、VFXで表現される「スイーツに酔いしれる甘太朗の脳内イメージ」も見どころの一つ。

従来のグルメドラマとは一線を画す、異次元スイーツドラマです。


ドラマに向けて尾上松也さんのコメントが寄せられています。

尾上松也コメント

連続ドラマの主演は初めてですので、オファーを頂いたとき素直に嬉しかったです。

さらにメインテーマが甘味!実は私自身、一人で甘味処に食べに行くくらい甘いものが大好きで、「スイーツ男子」という言葉が生まれる前からの、根っからの「スイーツ男子」!ですので、世の中のスイーツ男子を代表して、今回のドラマに出させていただくことは、まさに野望の一つが叶ったような気持ちでいます。

コメディー色が強いドラマなのですが、何が面白いかといいますと甘太朗がふざけているわけではなく、本気でスイーツを愛しているところです。それが滑稽に見えます。

しかし、スイーツは彼にとって他人に知られてはいけない秘め事。ですので、普段の優秀なサラリーマンの時と甘味を食べてトリップした時との差があればあるほど、スイーツ愛というものが表現できるのかなと思いますので、そこを意識して演じています。

スイーツ好きの方にはぜひ見ていただきたいドラマですし、実際にお店にも足を運んで、甘太朗のトリップをみなさんにも体験していただきたいです。

このドラマを通してスイーツ好きがより増えて、私のようなスイーツ男子が生活しやすい環境ができたらいいなと思います!


尾上さん自身、スイーツ男子なんですね!役柄にピッタリ!
イケメン×スイーツの組み合わせがどうなるのか楽しみですね。

まとめ


歌舞伎以外にもマルチに活躍の場を広げられている尾上松也さん。

歌舞伎というと、敷居が高いように感じられますが、テレビに出演される機会が多くなれば、知る機会が増えますよね。

今や、役者として活躍されている尾上さんのファンになり、歌舞伎に足を運ぶようになったファンの方もおられるそうです。

今回は、初めて主演を務められるということで、どのような演技をみせてくれるのでしょう?
さらに期待が高まりますね!

これからも尾上さんの活躍から目が離せません!

スポンサーリンク