「99.9 刑事専門弁護士」第6話が放送されました!

前回の放送は、結託した検察と裁判所両者との対決!

圧倒的に不利な状況下でも、地道な調査を続け、見事無罪を勝ち取りました!

↓第5話のおさらいはコチラ
⇒「99.9 」第5話は御殿場事件が題材!悪用された訴因変更!

そんな第5話の視聴率は17.0%という結果。
高い数字をキープしていますね!

今週の放送は、25分拡大スペシャル

謎に包まれていた舞子の過去が明かされます!

注目すべきは、舞子の弟役としての佐藤勝利さんの出演!

舞子が裁判官を辞める原因となった、弟の事件とは一体?

絶対に見逃せない回となっています!

ネタバレ注意!
ここからは記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね。

スポンサーリンク

「99.9 刑事専門弁護士」第6話のあらすじ



舞子(木村文乃)の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が弁護依頼にやってきた。不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で警察から事情聴取を受けているという。

事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、容疑をかけられた理由だったが、新井は否認。さっそく事件現場にやってきた深山(松本潤)と舞子は、煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、現場に出入りしていた人間が、新井以外にもう一人いたという話を聞く。

深山たちが事務所に戻ると、平田殺害の容疑者逮捕のニュースが…。テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、なんと舞子の弟だった。

さらに、雄太は2年前に窃盗事件で有罪判決を受けていたことが判明する。 舞子は雄太と接見して弁護を請け負おうとするが、雄太は頑なに拒否。舞子と雄太の間には、あることがきっかけで大きな溝ができていたのだ。

結局、深山が一人で弁護を担当することになるが、そこで雄太は、改めて「自分は今回の事件も、2年前の事件もやっていない」と否認するのだった。

この事件を受け、斑目所長(岸部一徳)は、雄太が本当に犯人であれば顧客からの信用に関わるため、舞子には辞めてもらうと佐田(香川照之)に言い放つ。

殺人容疑と2年前に雄太が有罪判決を受けた窃盗事件が深く絡まり合った難事件。果たして深山たちは事実を見つけ出し、雄太と舞子を救うことができるのか!?


今週のゲストは、バラエティーに富んだ顔ぶれ!



竜 雷太さん始め、ダンカンさんやIZAMさんも!

皆さんいい味出してましたね!

ネットの声





今週は拾いきれないぐらい小ネタ満載でしたね!

ドラマに懸けるスタッフさんの愛を感じますね!



佐藤勝利さんの演技も高評価!

松本潤さんと佐藤勝利さんの美形の共演に歓喜の声が!

それだけでなく、ストーリーが作り込まれていて、見応えありましたね!

スポンサーリンク

「99.9 刑事専門弁護士」第6話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「舞子の過去」
  • 見どころポイント② 「交錯する2つの事件」
  • 見どころポイント③ 「決着」

① 「舞子の過去」



舞子の弟である雄太が殺人容疑で逮捕!それに伴って、2年前の事件の全貌が明らかに。

2年前の事件とは、雄太が窃盗で有罪判決を受けた一件。

当時雄太が働いていた職場で500万円の現金と高価な時計が盗まれる事件が発生。

監視カメラの映像から、犯行が可能なのは雄太しかいないと容疑にかけられます。

さらに雄太の友人からの証言もあり、調書を見る限りは、雄太の犯行に思われます。

舞子は彼の罪を少しでも軽くしようと”示談”を勧めました。

姉の勧めどおり、雄太は罪を認め、不起訴処分となりました。

そして舞子は、弟の責任をとるかたちで裁判官の職を辞職することとなったのです。

この事件をきっかけに、舞子と雄太との関係には溝が出来てしまいました。

今回の殺害容疑の件でも、舞子は弁護を請け負うつもりで接見に訪れますが、それを雄太自身が拒否します。

そして驚きの一言。

今回の事件も、2年前の事件もやっていない

これまで回想シーンは挟まれるものの、全貌は明らかにされていなかった過去!

舞子が裁判官を辞めることになったのは、弟の事件が原因だったのですね。

② 「交錯する2つの事件」



今回の事件とともに、2年前の事件についても洗い直すことにしました。

すると新たな証言が飛び出します。

現在服役中である雄太の友人の証言によると、窃盗事件は誰かが雄太を嵌めたというのです。

しかもその理由には、舞子も関係しているとのこと。

続いて2年前の事件を明らかにするために、窃盗被害に遭った糸村の元へ向かいます。

当時の現場を検証してみると、その散乱ぶりに違和感を感じます。

なぜ必要以上に部屋を荒らしたのか、それは翌日に控えた税務調査の目を誤魔化すため。

つまり2年前の窃盗事件は、糸村の自作自演だったのです。

自作自演だったとすると、なぜ今回の殺害現場に腕時計が残されていたのか、疑問が生まれます。

腕時計についての問いには、現在雄太が働く寿司屋の店主・新井に頼まれ腕時計を貸していると答えました。

一気に新井に疑いの目が向きます。

まずは2年前の窃盗容疑については無実だということが判明しました!

殺害容疑については、なにやら新井が関係しているようですね。

スポンサーリンク

③ 「決着」


しかし新井には、アリバイがあります。

それを証明する煙草屋の証言も。

ところがそのアリバイは簡単に崩れてしまうのです。

その証拠となるのが、パクチー弁当

証拠を揃え、改めて新井を問い詰めると、ようやく自らの罪を認めました。

殺害された平田と新井との間には、土地の立ち退きについてのトラブルがあったそう。

雄太に罪をなすりつけるために、新井はこのような細工を行ったのです。

こうして雄太は、今回の殺害容疑についても、2年間の窃盗容疑についても、無実を証明することができました。

そして舞子と雄太を隔てていた深い溝が埋まったように感じられましたね。

ようやく2年前の事件に、雄太も舞子も決着をつけることができました。




木村文乃さんと佐藤勝利さんの顔が似てる!という意見が多く見られました!
美男美女の姉弟ですね。

最後に抱き合うシーンは、胸が熱くなりました!

そして流れる主題歌の歌詞が今回のストーリーにぴったり!
主題歌がさらに場面を盛り上げていましたね。

まとめ


第6話では、ついに舞子の過去と弟との関係が明らかになりました!

弟が起こした2年前の窃盗事件。

今回の殺害容疑と2年前の窃盗事件は、思わぬところで関連していました。

殺害容疑についても、2年前の窃盗事件についても無実が証明されました。

なによりも溝ができていた舞子と雄大の関係が修復されて良かったです!

さて、次週の放送では佐田に最大のピンチが!?

次週の放送も楽しみですね!

← 99.9 刑事専門弁護士 第5話へ


スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!