アンナチュラル1話の感染症

「アンナチュラル」第1話が放送されました!

昨年ブームとなった『逃げるは恥だが役に立つ』を手掛けた野木亜紀子さん脚本ドラマ。

タイトルの「アンナチュラル」とは、不自然という意味。

法医解剖医として「不自然な死 アンナチュラル・デス」を解明していくストーリーとなっています。

主人公のミコトを務めるのは、石原さとみさん。

その他ミコトを囲むラボのメンバーも個性的な人たちばかり。

1話完結型の法医学ミステリーとなっています。


さらに、主題歌を手掛けるのは、現在大ブレーク中の米津玄師さん。
彼自身初のタイアップとなるそうで、今回ドラマのために書き下ろされた作品だそうです。

石原さとみさんの魅力がたっぷり味わえる1時間!

まずは、第1話のあらすじからご紹介していきましょう。

ネタバレ注意!
ここからは記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね。

スポンサーリンク

「アンナチュラル」第1話のあらすじ



法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。

警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。

UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。

心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。
ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。
そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。

馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。

馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。すなわち、完全犯罪が成立する。
「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?



第1話のゲストキャストは、山口紗弥加さんです。

ミステリアスな役柄にぴったりハマっていましたね。

ネットの声







初回から高評価の感想が多く見られます。

石原さとみさんがとにかく可愛い!という声も多数。

それから、主題歌を歌う米津玄師さんの反響が高かったです。

スポンサーリンク

「アンナチュラル」第1話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「UDIラボ」
  • 見どころポイント② 「死因の特定」
  • 見どころポイント③ 「名前のない毒」

① 「UDIラボ」



法医解剖医である三澄ミコトが所属する「不自然死究明研究所 通称UDIラボ」は、遺体を解剖し、死因を究明する機関。

UDIには、ミコトをはじめ、臨床検査技師の東海林夕子、記録員の久部六郎。
それから、法医解剖医の中堂系、臨床検査技師の坂本誠。
そして、所長の神倉保夫らが所属しています。

今回UDIへ持ち込まれた案件。

それは、突然死した息子・高野島渡の死因を調べて欲しいというもの。

警察医の見立てでは「虚血性心疾患」ということでしたが、息子は健康そのものだったので、両親は不審に思ったそう。

さっそく解剖に取り掛かりますが、死因特定に結びつく要因は見出せません。

毒物死を疑い検査してみるものの、特定には至らず。

そんな時、高野島の遺体の第一発見者である馬場路子と対面します。馬場は、高野島の婚約者。

そして、高野島が亡くなった翌日、高野島と一緒に仕事をしていた同僚が突然死していたことが判明。

高野島とこの同僚がデキていたという噂を耳にし、必然的に馬場へ疑いの目が向けられます。

しかも馬場は、劇薬毒物を扱っている部署。

ますます彼女に対しての疑いが強まります。

UDIのメンバーは、みんなクセが強そうですね。
特に中堂さんは、なにか秘密を隠し持っているような…。

婚約者の馬場さんはミステリアスな雰囲気ゆえ、どうしても疑いの目が向いてしまいますね。
本当に三角関係のもつれなのでしょうか。

② 「死因の特定」



死因特定の糸口となるのは、一箱のクッキー。

そして当時、高野島には風邪のような症状があったということ。

クッキーは、高野島が出張先でお土産に購入してきたものでした。

高野島の出張先は、サウジアラビア。

これらを総合的に考え導き出された死因は「MERS」の感染によるものでした。

突然死した同僚も、高野島から感染したと考えられます。

MERSは中東地域での感染事例が多く認められており、その症状は風邪に似ています。

感染拡大を防ぐため、すぐさま彼と接触した可能性のある人物・場所は徹底的に消毒される事態となりました。

法医学は未来のための医学」という言葉の通り、今回の一件で感染拡大を食い止め、多くの人の命を救うことができました。

しかしMERSによる感染症ということで、大変な騒ぎとなってしまいます。

この一連の騒ぎにより、MERSを国内に持ち込んだ張本人として、高野島は槍玉にあげられてしまいます。

死因は特定されたものの、遺族にとっては、余計に悲しい結果となってしまいました。

婚約者の馬場さんも悔しさが拭えない様子。

スポンサーリンク

③ 「名前のない毒」



高野島の死因は、出張先のサウジアラビアで感染したMERSで結論が出たと思われた矢先。

事態は一変します。

それは、馬場からの証言。

出張先から帰国後、彼女は高野島と一夜を共にしていました。

しかし馬場はMERSに感染していません。

高野島は彼女と会った後日、健康診断のため総合医科大学病院を訪れていました。

高野島がMERSに感染したのは、大学病院だったと考えられます。

大学病院にはコロナウィルス研究チームがあり、そこで研究室から漏れたウィルスにより院内感染。つまり高野島は、被害者だったのです。

中堂の手引きもあって証拠を探し出し、大学病院へ言及。

ウィルス漏れを隠すことは”名前のない毒”をばら撒くことと同じ 」そう告げました。

大学病院もこれを認め、謝罪。高野島の名誉も回復されました。

病院側は、院内感染させたと知られれば大変な騒ぎになることは明白で、高野島に全ての責任を被らせようとさせたのですね。

最終的に高野島の名誉が守られて良かったですね。

ネット上で「名前のない毒」というタイトルについての解釈が様々見られました。




見事な伏線の張り方。
そして、二重にも三重にもとれるタイトルネーミング、素晴らしいですね!

まとめ



「名前のない毒」とタイトルのついた第1話。

個性豊かなメンバー揃いのUDIラボ。

今回の依頼では、心不全とされた男性の遺体からMERS感染を特定。

感染拡大を最小限にとどめることができました。

これは「法医学は未来のための医学」という言葉が体現された瞬間ですね。

タイトルの「名前のない毒」とは、いわれのない世間からのバッシングであったり、院内感染隠蔽のことであったり。

様々な意味合いを含んだテーマでしたね。

次週は、どんな”アンナチュラル”が待っているのか。楽しみですね!

アンナチュラル 第2話へ →

スポンサーリンク

Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!