ドクターX最終回の未知子死んだ説

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」最終話が放送されました!

シリーズ5まで続いた「ドクターX」ですが、ついに今シーズンをもって終了ー!?
惜しまれつつの最終話!

前回の放送では、内神田からの圧力によって、神原名医紹介所が取引停止警告を受けてしまう事態に。

その一方で、内神田には食道癌の疑い。

さらに未知子が倒れてしまうシーンが!

未知子の身体に何が起こったのでしょうか!?

↓第9話のおさらいはコチラ
⇒ドクターX9話 未知子が倒れる!衝撃の展開にネットが騒然!

そんな第9話の視聴率は21.2%という結果。
自己最高記録を更新!さすがという他ありませんね。

今週放送の最終話では、未知子の容態が明らかに!

初めて未知子が患者の立場にー!?

彼女を救えるのは、一体誰なのでしょうか?

そして満を持して登場!加地が登場します!

大注目の最終話!シリーズ史上、最も泣けてしまう回となっています!

ネタバレ注意!
ここからは記事の内容にネタバレが含まれていますので、内容を知りたくない方は注意してくださいね。


スポンサーリンク

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」最終話のあらすじ




 失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた! 未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。

しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!? そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。


https://www.instagram.com/p/BceGjZSlsIW/?taken-by=doctorx_official

加地 秀樹………勝村 政信
「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い外科医。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

登場を期待されていた加地がいよいよ登場!

やはり「ドクターX」には不可欠な人物ですよね!

ネットの声





最終話にふさわしく、感動的な回でしたね。
続編希望!の声が多く見られました。



加地の登場に対する反響が高かったです!
未知子を「デーモン」と呼ぶ加地先生!健在でしたね!

スポンサーリンク

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」最終話の見どころポイントは?


  • 見どころポイント① 「未知子の病」
  • 見どころポイント② 「最後のオペ」
  • 見どころポイント③ 「未知子は死んだ説?」

① 「未知子の病」


https://www.instagram.com/p/BcrXAMeFKpl/?taken-by=doctorx_official

精密検査を受けた結果、未知子は「後腹膜肉腫」ということが判明。
しかもステージ3、余命は3ヶ月とのこと。

日本での治療は不可能ということで、ボストンで治療を受けることに。

ところが未知子は、内神田のオペに名乗りを上げます。

内神田の方は、未知子による執刀を拒否しているものの、彼の病状は深刻であり、未知子以外のオペは考えられません。

未知子は自身の病状を明かした上で、オピオイドを投与し、一時的に痛みを抑えれば、オペは可能だと告げました。

そこで内神田のオペは表向き西山を執刀医とし、実際には未知子が執刀する運びとなりました。

博美と未知子、二人きりの時に、未知子は本音を漏らします。

患者になるって、意外と怖い

初めて未知子が吐いた弱音ですね。

しかし未知子は「私、死ぬなんて思ってないもん」と。

なぜなら、「患者が私自身でも」”見捨てない”からだと話しました。

未知子の決断に、晶は当然反対。

未知子には、ボストンで自分のオペを受けてもらいたい。

悔しい。一番大事な時に、一番大事な愛弟子のオペができないなんて」と涙をこぼします。

晶と未知子のシーンは、感動しましたね。
なんとしても未知子を助けたい晶、未知子との絆が感じられました。

② 「最後のオペ」




ところがオペ当日、病院へと向かう道中で、未知子は激痛に襲われ、立つこともままならない状況に。

すでに内神田のオペの準備は整っていますが、そこに未知子の姿はありません。

蛭間の指示により、オペは西山執刀の元、未知子不在のまま始まります。

西山は健闘しますが、想定以上の状況に、やむなくインオペと思われた時ー

ようやく未知子が登場!

頑張ったじゃん」と西山に声をかけます。

オペの進行は当初の予定よりも大幅な時間の遅れ。

時間が長引いたためオピオイドの効力が切れて、未知子の身体に痛みの症状が出てきてしまいます。

異変に気付いた晶の声掛けに「わたし失敗しないので」と返します。

痛みに耐えながら、それでもオペを続ける未知子。

師匠である晶に教わった外科医の心得を唱えながら。

一番大事なのが、どんなに厳しいオペでも決して患者を見捨てないこと

だから、未知子は自身がどんな状況であっても、オペを投げ出しません。

医師としての強い信念を感じましたね。

スポンサーリンク

③ 「未知子は死んだ説?」




無事に内神田のオペが終了したその矢先。

未知子が倒れてしまいます。

すぐさま未知子のオペの準備へ。

未知子が執刀医に指名したのは、西山!

困惑する表情を見せる西山に、未知子は告げるのです。

大丈夫、わたし患者でも失敗しないので

そして始まった未知子のオペ。

誰もが未知子を救いたい、その一心でオペに臨みます。

しかし想像以上の状況を前に、たじろいでしまいます。

そこへ助け舟を出したのは、他ならぬ未知子自身が残したノート。

自分のオペの術式と手順を事細かに書き記していました。

未知子は、毎度のオペにおいて、このような完璧な準備を行っていたそう。

「わたし失敗しないので」という言葉には、徹底した準備とその努力による裏付けがあったのです。

未知子のオペ中、挟まれた回想シーンについて、ネット上では感動したとの声が多数!



これまでの思い出が走馬灯のように映し出され、懐かしいシーンも挟まれていましたね。
未知子が築いてきたことが重なって、今、みんなで未知子を救おうと必死になっている姿。
とても感動的でしたね。

しかしラストは、未知子が助かったのか、それとも助からなかったのか、曖昧なまま終わります。

これについてネット上では、様々な憶測があがっていて”未知子は死んだ説”もあがっていました。





未知子の命は助かって、キューバという地で新たに働くことになったのか。
もしくは、未知子は死んだ流れで晶と未知子が出会った時の回想映像なのか。

どちらともとれる内容でしたね。

今期でシリーズ終了か!?の声がある中で、続編の可能性を残したラスト。

賛否両論分かれるところではありますが、見事だったと思います。

まとめ


最終話では、未知子自身が患者になってしまうという衝撃的な内容でした。

しかも自身の容態が優れない中での「最後のオペ」。
最後まで医師として完璧な仕事をやってのけました。

そして今度は、未知子自身のオペ。

「わたし失敗しないので」という言葉には、未知子のたゆまぬ努力が隠されていたことが判明しました。

未知子を救おうとチーム一丸となって取り組む姿に感動したという声が多数見られました。

未知子のオペの結果については、明言されていません。

最後に挟まれたキューバでのシーンも、現在の未知子の姿なのか、死んだ後での回想なのか、判断できません。

ネット上でも様々な憶測が出て、賛否両論の意見が見られました。

視聴率、ネットの反響、共に高かった「ドクターX」シリーズ。
一つ言えることは、最後まで多くの視聴者に支持されていたということです。

シリーズ続編を望む声が多くある中、再び未知子の活躍を見れる日が来ると良いですね!

← ドクターX 第9話へ

ドクターXを見逃したら

ドクターXの見逃し配信は【auビデオパス】で観ることができます。


今だとドクターXの過去シリーズが一挙見放題中になっているので、話のおさらいや懐かしいシーンをもう一度観たい人にはおすすめです。


また、30日間の無料トライアルも実施されているので、期間内の解約であれば料金はかかりません。お試しにはもってこいです。

[PR]


Twitter でサイトの管理人をフォローしよう!